人文・思想

知的生活の方法:読書への愛やヒントがたくさん詰まった本

投稿日:2018年1月21日

知的生活の方法-渡部 昇一-idobon.com

この本で自分は読書に目覚めたといっても過言ではない

「1冊の本との出会いによって、人生が変えられた」

そんな言葉、時々耳にしますよね。私もこれまでそれなりに様々なジャンルの本を読んできましたが(といっても凡人なのでたいした数ではないですが…^-^;)、そう呼べる本は、本当にほんの数冊しかありません。そのうちの1冊が、本書「知的生活の方法」です。

著者である英語学者の渡部昇一氏が、本書の前書きで「この本で私が意図したことは、本を読んだり物を書いたりする時間が生活の中に大きな比重を占める人たちに、いくらかでも参考になることをのべることであった。」と述べているとおり、本書には本を読むことが好きな方へのヒントがたくさん詰まっています。

例えば、身銭を切って本を買うことの利点、繰り返し読むことの大切さ、読書メモについての考え方、書斎の構想、知的生活向けの食生活などなど、内容は多岐にわたります。しかし、様々なアドバイスに共通して私が感じるのは、著者の「読書への愛」です。この本を読んでいると、著者がどれだけ本を読む生活が好きか、ということがひしひしと伝わってきて、何か自分も、もっともっと本を読みたくなる、なにかを勉強したくなる、そんな気持ちにさせてくれます。

私がこの本に出会ったのは、大学3年生の時にたまたま大学の書籍部で見かけて購入したことでしたが、もしこの本との出会いがなかったら、私は読書など習慣にしておらず、ましてやウェブサイトで偉そうに(?)ブックレビューなど書いていなかったでしょう。また、興味のあった国際政治学をもっと勉強するために、イギリスの大学院へ留学するなどということもしていなかったと思います。すべては、本書が私の知的好奇心を目覚めさせてくれた、ということに尽きると思います。

新書なので価格も安く、また、著者の文体が柔らかく、本当に読みやすいです。読書を愛するすべての方にお勧めしたい、そんな本です。

 


 

知的生活の方法-渡部 昇一-idobon.com

知的生活の方法 (講談社現代新書)
渡部 昇一

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-人文・思想
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知性の磨き方-林望-idobon.com

知性の磨き方:辛口かつユーモアあふれる論調で語る知性磨き

学問に、読書に、趣味に、あらゆる人に参考になる人生論 私のレビューをいくつか読んでいただいたことのある人はお気づきかもしれませんが(そんな方がどれだけいらっしゃるかはわかりませんが…(^^ …

読書論 (岩波新書) -小泉信三-idobon.com

読書論 (岩波新書) :何度も読み返したくなる、味わい深い読書論の古典

参考になるアドバイスも満載 私が読書に目覚めたのは20歳くらいなのですが(遅いですね💦)、その際に、どういう本を、どうやって読んだらいいんだろうか?という疑問にまず遭遇しました。そこで …

保守主義とは何か- 反フランス革命から現代日本まで-宇野 重規-idobon.com

保守主義とは何か:入門書としてうってつけ

保守主義を学ぶにはまずこの1冊から! 私は政治思想について専門的に学んだことはありませんが、長い間興味を持ってきました。保守主義についてもこれまでに何冊か本を読んできましたが、その中でも本書は内容・分 …

読書について 他二篇 (岩波文庫)-ショウペンハウエル(Schopenhauer)-idobon.com

読書について:読書に対する姿勢が変わる

辛口だけどためになる読書論 本書は、辛口で有名なドイツの哲学者ショウペンハウエル(以下、辛口オジサマ)の、読書に関するエッセイを集めた本です。辛口オジサマから放たれる、これでもかと言わんばかりの、耳の …

やり抜く力 GRIT(グリット)-アンジェラ・ダックワース-idobon.com

やり抜く力 GRIT(グリット):私に足りなかったことを教えてくれた、何度も繰り返して読みたい本

「世の中で偉業を成し遂げる人々」の性質と傾向からインスピレーションを受けられる良書 生まれ持った才能や非凡な能力を過信する父親に「おまえは天才じゃない」と幼少時から言い聞かせられて育った著者のアンジェ …