社会学

貧困女子のリアル:年収700万でもカード借金地獄、女子会や見た目につぎ込みすぎで親のすねかじり…とまぁ闇が深い

投稿日:2018年1月20日

貧困女子のリアル-沢木 文-idobon.com

見た目は貧困に見えなくても実は生活に窮している女性たちの闇

以前、鈴木大介氏の「最貧困女子」という本を読んだことがありますが、それは家庭環境や知的障害などの背景から貧困に落ち込み、抜け出せなくなってしまい、結局セックスワークなどに従事するようになってしまう女子の話でした。

こちらの「貧困女子のリアル」はどちらかというと自分にとっても身近なバックグラウンドを持っている人たちが陥りやすい貧困を描いた本で、よりリアル感がありました。

中流階級の家族出身で、学歴もそこそこ。外見もそこそこ。でも見栄や依存により、知らず知らずのうちに何かにお金を使ってしまっている。そして気づいたときにはカード借金地獄。頼れる人もいなくなっている・・・。

この本で描かれている女性たちに共通する問題は、「なぜかどこかが満たされない」という精神的なものなのでは。それを満たそうとして、ものや人にお金をつかってしまう。自分にとって不利な、依存的な状況に浸かってしまって抜け出せない。将来を見据えた貯金ができない。

実際に私の友人や知り合いにもそういう人がいます。でも彼女たちは見た目はきちんとしているので、貧困に陥っているとはまさか周りは思わないのです。

モノであふれる時代だからこそ、人とのつながりが希薄になっている時代だからこそ、誰にでも起こりうる状況なのではと思います。小さなことに喜びを見つける力、現状に満足を見いだせる力を培うことがいかに大事か思い知らされます。

 


 

貧困女子のリアル-沢木 文-idobon.com

貧困女子のリアル 
沢木 文

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-社会学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイコパス (文春新書)-中野 信子-idobon.com

サイコパス (文春新書):まわりの理不尽な人への対処の鍵が見つかるかも

まわりの理不尽な人への対処の鍵が見つかるかも 前の職場にどうも冷血で同情心がなく、いつも理不尽なことを言ってくる上司がいて、しばらく悩まされていたことがあります。そんな中、心理学専攻の同僚が「彼は絶対 …

夫とは、したくない。セックスレスな妻の本音-二松まゆみ-idobon.com

夫とは、したくない:セックスレスはあなただけじゃない

30代、40代の夫婦の寝室事情のリアルが語られる 夫とセックスしたくない妻の座談会。好きで結婚したのに、なぜセックスしたくなくなるのか。なぜ、夫に拒まれるのか。どうやって解決しようと心がけているのか。 …