外国文学 小説 文学・評論

モデラート・カンタービレ:短いけど不思議な感覚を残す小説

投稿日:2020年2月26日

モデラート・カンタービレ マルグリット・デュラス

フランス語で読もうとしたが挫折…

私はフランス語を勉強しています。フランス語は、英語の10倍以上難しく感じます。特に文法。名詞に男性と女性があるし、その名詞が文中にいる時は、形容詞もそれに合わせなくてはいけない。また複数になると形容詞の形も変わる。名詞には男も女もない英語にサマサマをつけたくなったし、そもそも単数も複数も関係ない日本語、なんて簡単なんだ!と感動。

そんな最中に出会った本がマルグリット・デュラスのモデラート・カンタービレです。9月に行った旅行先、ボストンの古本屋で買いました。米国旅行に行く楽しみの一つが古本屋を探索すること。洋書は日本で買うと割高というのもありますが、洋書の見た目が好きなんです。特に「Classic」と呼ばれる古典の本はカバーが素敵。日本の文庫みたいに持ち歩きに便利ではないけど、本棚に入っているとなんだかインテリになったような気を抱かせてくれる、洋書を紙で持つのは好きです。古本屋で、そうだ、フランス語の本あるか見てみようと思って巡り合ったのがこちら。ページ数80ページ強で、マルグリット・デュラスは聞いたことがない作家だったけれど、2ドルで購入。日本に持って帰ってきました。

まずはフランス語で読むのにチャレンジ。でも勉強し始めて6ヶ月ほどの私の仏語力だと、20%ぐらいしか理解できませんでした。気を取り直して、日本語で読んでみました。感想は、とても不思議な本。たったの80ページを、ものすごい時間をかけて作り上げている。短いから、無駄がない。読み終わった感覚は、物語がどこから始まって、どこで終わるのか、分からない、時間枠が曖昧になる。映画の「メメント」(https://ja.wikipedia.org/wiki/メメント_(映画))を見た感覚と似ています。真実は一体何なのか。どこまでが想像の中の産物なのか。読者に考えさせる本です。

あらすじはこんな感じ

主人公はアンナ・デパレート。裕福で、子供が一人いる。子供のピアノレッスンに付き添いしたある日、近くのカフェから悲鳴が聞こえる。殺人事件だった。男が、女を殺し、死体に抱きついている。その事件があった日から、アンナはそのカフェに毎日取り憑かれるように通うようになる。そこで夫の会社で働く、労働者の若い男、ショーバンに会う。毎日二人はたくさんのワインを飲み、事件の空想を語り合う。何不自由ない生活をしていながら、倦怠に満ちていて退屈し、抜け出したいと思っているアンナ。そんなアンナを連れていこうとするショーバン。二人が会い始めてから7日めに、アンナが立ってカフェを出て行くところで話は終わる。始めの殺人事件のカップルはアンナとショーバンで、時系列が逆に描かれていたのか、それとも全く別人なのか、それは読者の想像に任せる、といったような終わり方です。

小説の中では何も起こらない。アンナは夫の元を去らないし、子供は相変わらず行きたくないピアノレッスンに行き続ける。何も起こらないからこそ、アンナの倦怠が心に迫るように伝わってくる。胸が苦しくなるようなマグノリアの香り。ワイン。そしてまたワイン。

80ページの中にこんなに息の詰まるような思いが詰まっているなんて。とてもよくできた中編小説です。


 

モデラート・カンタービレ マルグリット・デュラス

モデラート・カンタービレ
マルグリット・デュラス

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外国文学, 小説, 文学・評論
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パリ行ったことないの-山内マリコ

パリ行ったことないの:やりたいことを始めるのに待たなくてもいいのだと思わされる

やりたいことを始めるのに待たなくてもいいのだと思わされる 友達がオススメしてくれたこの本、タイトルと表紙の絵が可愛くてすぐさま読んでみたい気持ちになりました。数時間でサクっと読める短い小説です。 スト …

エマ-ジェーン・オースティン-idobon.com

エマ:全てに恵まれた傲慢な若い女性の自己成長の物語

読みにくいが最後まで読む価値がある作品 ノーサンガー・アベイ、高慢と偏見と続けてジェーン・オースティンの本を読んできましたが、「エマ」は上記2作に比べて読みやすさで言うと難易度が高い作品だと感じました …

嘘つきアーニャの真っ赤な真実-米原万里-idobon.com

嘘つきアーニャの真っ赤な真実:知らなかった東欧・中央の共産主義世界が読み取れる

少女時代をプラハのソビエト学校で過ごした米原万里さんの回想録 共産党員の娘としてうまれた米原万里さんは、父の仕事の関係で9歳~14歳プラハで過ごし、現地学校ではなくソビエト学校に通われます。この本は、 …

カラマーゾフの兄弟-ドストエフスキー-idobon.com

カラマーゾフの兄弟:真実を語ること。それが善に繋がる

何度も読み返すべき良書。その度、新しい教訓を得られる ドストエフスキーの超有名長編小説、カラマーゾフの兄弟。ようやく通読しました。5巻に至るこの小説、光文社の古典新訳だからこそ読み終えることが出来たと …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …