外国文学 小説

エイジ・オブ・イノセンス:不幸な三角関係って分かっているはずなのに…

投稿日:2019年4月29日

エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事-イーディス・ウォーデン-idobon.com

エイジ・オブ・イノセンス
人生白黒そんなにはっきりしているもんじゃない。そんな複雑さを良く表現している

**ネタバレ注意**

映画にもなったこの小説、言ってしまえば19世紀版不倫小説なんです。悩み事を打ち明けたのがきっかけに、急激に意識し出す既婚男性アーチャーと別居中の女性、エレン。お互いに惹かれ合い、駆け落ちも考えるが、アーチャーの心変わりに気がついた妻が健気で地道な努力をして不倫を阻止させる…皆が不幸になるのが分かっている、不倫小説なのに何故か、なんでアーチャーとエレンが不倫の関係になったか理解してしてあげたいと思わせてしまう、そんな描き方をするのが自身も不倫関係があったことがあるという、イーディス・ウォートン。

19世紀ニューヨークの社交界で退屈し、精神の関係を求めるアーチャー・ニューランドは、旦那から逃れてヨーロッパからニューヨークに来た、アーチャーのいとこにあたるエレン・オレンスカ伯爵夫人と不倫関係になります。こうやって書き出してみると突っ込みどころ満載 笑。え?!いとこと不倫関係?それってタブーにタブー重ねてない?!

決まりだらけで堅苦しいニューヨークの社交界に生きるアーチャーは、自由奔放なエレンに惹かれます。その慣習としがらみに縛られた当時のニューヨーク社会は少し、日本の社会を連想させるかも。

エレンに惹かれていると気がついた時、アーチャーはメイという婚約者がいました。誰もアーチャーとメイを強制的に結婚させた訳ではないんです。エレンに惹かれていると気付いた時点でアーチャーはメイとの婚約を破棄し、エレンの離婚を待つべきだった、と言ってしまえば簡単でちゃっちいロマンス小説に成り下がりそうですが、なぜかそうは感じさせない表現力を持って迫られます。

本小説を通して、アーチャーは他の不倫関係を持っている男性と自分は違うんだ、と言い続けます。それは、アーチャーが自分自身にそう言い聞かせ、メイに不貞を働いていることの罪悪感を消そうと努めているかのように聞こえます。メイとの精神の繋がりのなさをメイの能力不足のせいにし、そういった共通の心の繋がりがあったら自分はエレンに惹かれなかった、と言うアーチャー。その姿は不倫関係に陥る男性の全てに共通する言い訳のように聞こえます。夫として、メイの能力不足を補い、アーチャーの趣味である読書や旅行などの関心をメイの中に育んであげるよう努力すべきなのはアーチャーなのに。

結局、アーチャーとエレンの関係はエレンがニューヨークを旅立つのをきっかけに終わりますが、不倫関係が終わった後の3人の関係は、びっくりするほど現実的に描かれていると思います。
30年後、メイを病気でなくし、アーチャーはたまたまパリでエレンとの再会しそうになります。しかし、アーチャーはエレンには会わずに終わります。きっと、アーチャーはエレンの幻想に惹かれ、自分の心の中に作り上げた虚のエレンに恋していたのに気付き、現実に立ち向かうことは避けたのでしょう。

ウォートンは日本ではあまり読まれていないようで、訳も少ないけれど、一読する価値、あります。


 

エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事-イーディス・ウォーデン-idobon.com

エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事
イーディス・ウォーデン

Amazonで見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外国文学, 小説
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラマーゾフの兄弟-ドストエフスキー-idobon.com

カラマーゾフの兄弟:真実を語ること。それが善に繋がる

何度も読み返すべき良書。その度、新しい教訓を得られる ドストエフスキーの超有名長編小説、カラマーゾフの兄弟。ようやく通読しました。5巻に至るこの小説、光文社の古典新訳だからこそ読み終えることが出来たと …

バルザックとその時代-伊藤幸次-idobon.com

バルザックとその時代 :数多くの作品を残したバルザックの生涯と日仏文化比較

鋭敏な人間描写に長けたバルザックの作品に隠された、彼の波乱万丈な人生が読み取れる バルザックを読むきっかけは「ゴリオ爺さん」を手に取ったことから。大好きなフランス人作家、アレクサンドル・デュマの日本語 …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …

その女アレックス-ピエール・ルメートル (著)、橘明美 (翻訳)-idobon.com

その女アレックス:毎章ごとにこんなにがらっと展開の変わる小説は初めて

完全に普通じゃないミステリー小説 表紙の絵と裏表紙のあらすじからして、女性の誘拐の話かなと思って読み始めました。アレックスという女性は男に誘拐され、想像を絶する残忍な状態で監禁されます。普通のミステリ …

ビルマの竪琴-竹山道雄-idobon.com

ビルマの竪琴:人としての大切なものは何かを考えさせてくれる小説

読むと思わず胸が熱くなる 本書は、ビルマ(現在のミャンマー)を舞台に、第2次世界大戦中に派遣された日本の兵士の方々の、戦争中の様子から戦争後に帰国するまでの様子を描いたフィクションです。この物語は、昭 …