外国文学 小説 文学・評論

ベラミ:欲望、死、人生の満足、恋愛のあり方、そしてフランス人の暮らしぶり

投稿日:2020年2月17日

ベラミ モーパッサン

最低な男の欲望の末とは…

ベラミというニックネームのデュロイはノルマンディーの田舎の出。そんな彼があの手この手を使って出世を目指し、社会的地位をのし上がっていく様子が精力的に描かれた本です。彼の飽くことのない欲望の傍に、人生で必ず直面する問題が常にちらつきます。それは死。死とは?友人のフォレスチェの死や、思いがけない決闘によって直面する自身の死などから、私たちは必ず老いていく、そして死は知らぬ間に私に近づいていることを考えさせられます。

デュロイは本当に最低な男なんです。女ったらし、嘘つき、自分の欲望のためなら大切な人を蹴落とすことも平気。それでもその突き動かされたような勢力に、そして若さと美貌に参ってしまう女性の気持ちも分からないでもない…。

人生における満足とは?飽き足らないデュロイの欲望は何によったら満たされるのだろう。女を手に入れ、お金を手に入れ、社会的地位を手に入れたらデュロイは満足し、幸せになれるのだろうか。

デュロイについて読むとき、ドリアン・グレイの肖像を思い出しました。ドリアンとデュロイが入れ替わっても、肖像画は同様に物凄い実態を表す醜いものになっているのは疑いないと思う。

パリの生活の描写が素敵

ちなみにもう少し明るい話題として、本書はパリの暮らしぶりを教えてくれるささやかな描写が楽しい。よく「フランス人はお金を使わず素敵に暮らす!」なんて本が本屋さんのインテリアコーナーとかに置かれていますが、まさにそんな感じ。19世紀のモーパッサンが生きていた時代にも、そのような暮らしぶりが見られたのですね。

例えば、まだ出世する前のデュロワはみすぼらしいパリの一人暮らしをしていましたが、ある日愛人がアパートに訪れることに。そのアパートをなんとかデコレーションする。小さな扇子や衝立を飾って壁紙の染みを隠し、「宵の口は、残った色紙かは切り抜いた鳥を天井に貼って過ごした 」(p.115)。

フランス人はプレゼンテーションの上手さで有名ですが、こんなところにも垣間見れるなんて!しかも独身男性がこのように恋人を迎えるために部屋をデコっているなんて可愛すぎる。お金をかけずに楽しむってこんなことですね。

他にも、「市場で見事な梨を手に入れて、カゴに入れ丁寧に紐で結わえてプレゼントする」(p.150)。お金がなくても素敵に暮らすアイディアですね。

欲望、死、人生の満足、恋愛のあり方・・・。色々なことを考えさせられる本。次はモーパッサンの「女の一生」を読もうと思います。


 

ベラミ モーパッサン

ベラミ
モーパッサン

Amazonで見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外国文学, 小説, 文学・評論
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

二年間のバカンス-十五少年漂流記 ジュール・ヴェルヌ

二年間のバカンス 十五少年漂流記:小中学生の男の子に読んでもらいたい

明るく、勇気を持つことを教えられ、力付けられる本 「海底二万里」などで有名な19世紀のフランスの小説家、ジュール・ヴェルヌの小説、「二年間のバカンス」を読みました。 15人の少年達が無人島に漂流してし …

パリ行ったことないの-山内マリコ

パリ行ったことないの:やりたいことを始めるのに待たなくてもいいのだと思わされる

やりたいことを始めるのに待たなくてもいいのだと思わされる 友達がオススメしてくれたこの本、タイトルと表紙の絵が可愛くてすぐさま読んでみたい気持ちになりました。数時間でサクっと読める短い小説です。 スト …

The-Kite-Runner-Khaled-Hosseini-idobon.com

君のためなら千回でも(The Kite Runner):犠牲、裏切り、悔い改めのストーリー

イスラム教の世界だけどすごく聖書的なストーリーだと思った PR会社で働いていたころ、ある会社の社長のPRをする機会がありました。雑誌やオンラインメディアのインタビュー枠を取ってくる仕事だったのですが、 …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …

初恋(光文社古典新訳文庫)-トゥルゲーネフ-idobon.com

初恋:日常にキュンキュンさが足りていない人におすすめ

「初恋」はその名の通り、16歳の少年が初めての恋を知る話です。素直で純粋な青年の心の中をのぞいているようでキュンキュンさせてくれます。 ストーリーは主人公のヴラディミールが初恋の思い出を回想するところ …