ビジネス・経済 行動経済学

Naked Economics(経済学をまる裸にする):すべての経済オンチに贈る最高の入門書

投稿日:

Naked Economics: Undressing the Dismal Science Charles Wheelan

金融や経済についてはさっぱり分からない、でも分かるようになりたい!という人におすすめ

私はずっと、経済や金融関係が苦手というか、あまり興味が持てませんでした。為替レートや貿易などは概念としては知っているけどシステムはよくわからないし、株価などという単語を聞いただけで蕁麻疹が出そうなくらいでした。これではいかんと思い、今までに何冊か経済の入門書に手を出してみたこともありますが、毎回、自分には難しすぎる、つまらない、と途中で投げ出して、結局経済オンチのまま今日まで来てしまいました。

しかし!そんな経済オンチの私のために書かれたような、素晴らしい本に出会いました。それが本書『経済学をまる裸にする(原題:Naked Economics)』です。たまたま彼の統計学の本『統計学をまる裸にする(原題:Naked Statistics)』を読んでそのわかりやすさに感動していたところ、その彼が経済学の本も出していると知り、もしかしたら彼の説明ならわかるかもしれない!と思い購入しました。

さっそく読んでみたところ、思ったとおりの良書でした。経済の知識がほぼ皆無の私でも挫折することなく、むしろジョークなども交えて楽しく読み終えることができました。

本書の内容の一部を紹介すると、たとえば以下のようなことが説明されています。

〇市場と政府の関係性
政府が市場に介入しすぎても経済を混乱させる一方、自由放任主義(いわゆるレッセ・フェール)も、例えば排気ガスの出しすぎなどの環境問題に対応できないなどの問題点あり。結論として、政府による市場への適切な介入が不可欠。

〇経済格差の問題
なぜビル・ゲイツはあんなにお金持ちなのか?その秘密は人的資本(Human Capital)、つまり個人が持っているスキルにある。逆に貧困層には人的資本が欠けており、ここをいかに向上させるかが貧困問題を解決させる鍵。

〇国際貿易の重要性
貿易は経済発展に不可欠。よくバングラデシュなどの衣類工場の待遇の悪さなどが問題になり、そのような工場で作られている製品の不買運動が起こることがあるが、それは貿易を滞らせるため現地の経済にとって逆効果であり、かえって現地の労働者の生活を苦しくさせる。

〇国際経済
EU内格差が問題になっているが、その要因の一つは共通通貨。例えば、イタリアなど景気が悪くなっている国では、本来その国の貨幣の価値が下がり、そのため輸出品の価格が相対的に安くなり、景気を押し上げる効果がある。しかし、共通通貨だとそのような一種の自浄効果が期待できない。だから、景気の悪い国はいつまでも景気が悪いまま。そこをどう解決するか。

このほかにも様々な経済事象をわかりやすく説明してくれます。本書を読み終えて、少なくとも経済に対する私の苦手意識は払しょくされ、もっと経済を勉強してみたい!とさえ思うようになりました。私と同じように経済に苦手意識を持っている方、手ごろな経済の入門書を探している方に、ぜひ手に取っていただきたい本です。

 


 

■英語版

Naked Economics: Undressing the Dismal Science

Naked Economics: Undressing the Dismal Science
Charles Wheelan

Amazonで見る 楽天で見る

 

■日本語版

経済学をまる裸にする

経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い
チャールズ・ウィーラン (著), 山形浩生 (翻訳)

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-ビジネス・経済, 行動経済学


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Unshakeable: Your Financial Freedom Playbook-Tony Robbins(トニー・ロビンス)-idobon.com

Unshakable:単なる資産運用本ではない、人生の核心に訴えた本

世界的ビジネスリーダーが説く本当の意味で揺るがされない人生 世界的に影響力のあるモチベーショナルスピーカー、コーチ、起業家であるトニー(アンソニー)・ロビンスが、世界の最強な投資家たちにインタビューし …

「おトク」に弱いあなたが損をする理由-橋本之克-idobon.com

「おトク」に弱いあなたが損をする理由:無駄な買い物がやめられないという方に

いち消費者として頭に入れておきたい知識満載 かなり前だけどめいろま(@May_Roma)さんがおすすめしていた本で、短いのに目からウロコで面白かったです。この本によると、購買における人間心理はパターン …

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方-玉川陽介-idobon.com

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方:世界の金融市場を「4つのプレーヤー」と「17のマス」に分けて考える

世界経済を「4つのプレーヤー」と「17のマス」の視点から把握する 私の投資スタイルは基本的に長期投資で、高配当株や投資信託、ETFを買ってずーっと持っているというもの。ウォーレン・バフェットなどが推奨 …

伝わるしくみ-山本高史-idobon.com

伝わるしくみ:伝わらないメカニズムをここまで噛み砕いた本は珍しい

人と会話する機会があるなら読んで損はない本 私は健康や筋トレについて文字や会話で「伝える」ということを仕事にしているので、筆者のインタビューをBRUTUSで読んだとき、「この本は読まなければ」と早速手 …

You Can Retire Early!-Deacon Hayes-idobon.com

You Can Retire Early!:パーソナルファイナンスについて知っておくべき基礎知識が詰まった一冊

パーソナルファイナンスについて知っておくべき基本知識を学べる この本を知ったきっかけは、著者のインタビューをマーケティング関連のポッドキャストで聞いたのがきっかけ。著者のDeacon HayesはWe …