ビジネス・経済 投資 洋書 自己啓発 資産運用

Unshakable:単なる資産運用本ではない、人生の核心に訴えた本

投稿日:2018年7月9日

Unshakeable: Your Financial Freedom Playbook-Tony Robbins(トニー・ロビンス)-idobon.com

世界的ビジネスリーダーが説く本当の意味で揺るがされない人生

世界的に影響力のあるモチベーショナルスピーカー、コーチ、起業家であるトニー(アンソニー)・ロビンスが、世界の最強な投資家たちにインタビューして書いた本書。資産運用のコツから人生の意義まで、広い範囲でいかにして豊かな人生を送れるのかということを説いた本。

ものすごい体が大きくてゴリラみたいに低い声でパワフルにしゃべるトニー・ロビンス。彼は世界中のあちこちで何十万も何百万もするセミナーを開催している人で、スピーチも聴衆の感情を煽って「YEAH!!!」といった感じなので、なんとな~くキナくさいイメージがありました。でも、あるポッドキャストのインタビューを聞いて、「あ、彼は本当に世界を良くしたくてやってるんだな」ということを知って、本書を手にしました。

本書の売り上げも、Feeding Americaという飢餓対策活動をしているチャリティ団体に寄付されるのだとか。トニー・ロビンスの他の著書の売り上げと、個人的な寄付を合わせて、すでに2億5000万食以上もの食事を必要な家庭に届けているそうです。他にも、インドのとある地方に安全な水を届けるための慈善活動を熱心に行っており、彼の高額なセミナーも、私欲のためではなく富の分散のためにやっているのねということがわかり、尊敬の念が増しました。

彼自身も家庭内暴力のある貧しい家庭で育ったからこそ、底辺から這い上がって人生をよくしようという強い思いがあり、それがエンジンとなって今の成功があると語っていました。そして、彼の手掛けているビジネスからコーチング、チャリティ活動から全てが、同じように貧困と絶望の中にある人たちを助けたい、という情熱の延長線上にあるのだそうです。

さて、本書の内容ですが、3つのセクションに分けられます。1つ目が賢い投資運用の仕方や節税に関して、2つ目が金融危機から身を守るための具体的なアクションプランです。ここで終わってしまえば、かなり実用的な資産運用本になってしまうのですが、3つ目のセクションでは、真に満ち足りることの意味について語られているのが特徴です。

投資の方針は実にシンプルで、基本的にインデックス投資を行うべきということ。本書は世界的に名をはせた投資家であるウォーレン・バフェットやジャック・ボーグル、デイビッド・スウェンセン、レイ・ダリオなどにインタビューをした内容をもとに書かれているのですが、年利20%以上の運用功績を持つ凄腕の投資家たちも、結局のところ言っていることは同じということが読み取れます。

その他にも、下記のような見解が過去のデータをもって示されていて、むやみなトレードや短期投資は無意味だなと思わされました。

  • 今までの金融危機の全てにおいて、数年後には落ちた以上に上がっているので、あわてて売ることこそが負け
  • 史上最悪の日に投資しても、史上最高の日に投資しても、長期保有すればリターンに壊滅的な差はない。一番壊滅的な差があるのは、全く投資をしなかった場合
  • アクティブファンドで運用してもフィーが高すぎるので、長い目で見るとインデックスファンドには勝てない

ただし、これらの意見は世界経済が成長し続けるという前提があってこそなので、この法則がいつまで有効かはわかりませんが…。

実用的な投資運用&節税方法のセクション1と2からはガラッと変わって、最後のセクションではかなり精神的な部分に迫っています。核心となるメッセージは、経済的自由を手にしたところで、幸せになれるというわけではないんだよ、ということ。社会的・経済的に成功しているように見える人でも、不幸せな人は数え切れないほどいます。

トニー・ロビンスは、現状に満足しつつ、成長し続けようとする姿勢の大切さを訴えかけています。そして、得ようとすることよりも与えることによって、私たちは真に豊かになるのだと

なかばネタバレなレビューになってしまいましたが、賢い資産運用術も教えつつも、最後は心の豊かさについて説いている部分が、普通の資産運用本とは一味違うところだと思います。投資をするにあたり、とても大切なマインドセットの持ち方を教えてくれます。

これから投資を始めようという人、そして色々投資を試したけどうまくいかないという人に、ご一読をおすすめします。


 

Unshakeable: Your Financial Freedom Playbook-Tony Robbins(トニー・ロビンス)-idobon.com

Unshakeable: Your Financial Freedom Playbook
Tony Robbins(トニー・ロビンス/アンソニー・ロビンス)

Amazonで見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-ビジネス・経済, 投資, 洋書, 自己啓発, 資産運用
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝わるしくみ-山本高史-idobon.com

伝わるしくみ:伝わらないメカニズムをここまで噛み砕いた本は珍しい

人と会話する機会があるなら読んで損はない本 私は健康や筋トレについて文字や会話で「伝える」ということを仕事にしているので、筆者のインタビューをBRUTUSで読んだとき、「この本は読まなければ」と早速手 …

Sleep Smarter-Shawn Stevenson-idobon.com

Sleep Smarter(邦題:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術):今すぐ寝なきゃ損と思わせてくれる良書

私の師匠の貴著です ポッドキャストのヘルス・カテゴリーでNo.1を誇るModel Health Showのホスト、ショーン・スティーブンソン(別名:私の師匠)の著書。ショーンとの出会いがなければ、今の …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …

The Bible and National Defense: What the Bible Has to Say About War and the Price of Our Freedom-Bob Yandian-idobon.com

The Bible and National Defense:クリスチャンとして国家の防衛をどう考えるべきか?

聖書と国防を考えるうえで貴重な本 さて、タイトルからして「そんな本誰が読むの?」と言われそうな本ですが、完全に自己満足としてレビューしたいと思います(笑) 聖書を読んだことのない人でも、「右の頬を殴ら …

やり抜く力 GRIT(グリット)-アンジェラ・ダックワース-idobon.com

やり抜く力 GRIT(グリット):私に足りなかったことを教えてくれた、何度も繰り返して読みたい本

「世の中で偉業を成し遂げる人々」の性質と傾向からインスピレーションを受けられる良書 生まれ持った才能や非凡な能力を過信する父親に「おまえは天才じゃない」と幼少時から言い聞かせられて育った著者のアンジェ …