読書お役立ちツール

井戸本家の人々が愛用している読書が楽しくなるツールをご紹介します。

Kindle Paperwhite

長時間読書しても目が疲れないKindle Paperwhite。まるで紙で読んでいるかのようなスムーズさが好きで、長年愛用しています。スマホやiPadと違ってフロントライトなので、画面から目に向かって光が出ているのではなく、ディスプレイの表面を照らす仕様になっています。ブルーライトは安眠に欠かせないメラトニンの分泌を阻害するので、寝る前には避けたいところ。Paperwhiteなら目への負担が少なく、夜の読書にも適しています。

紙の本と違って何百冊も入れて持ち歩けるのと、検索機能がついているので探している箇所を見つけやすいというのがメリットです。バッテリーも何週間も持つので、頻繁に充電する必要もなし。
読書中毒なら活用しないのはもったいない、と妻は思います!(夫は断固紙派のようですが)

Amazonで見る

Kindle Paperwhite用レザーカバー

レザーカバーをしておくと指紋が付きにくく、スタイリッシュです。それに、カバンに入れた時にこすれてページが変わってしまうこともないので便利です。妻はシンプルに黒を愛用しています。

Amazonで見る

JINS SCREEN(PC用メガネ)

長時間スクリーンを見ながら読書しているとどうしても目が疲れるもの。JINS SCREENならブルーライトを40~60%カットしてくれます(モデルによる)。ブルーライトを夜に浴びると昼間のホルモン「コルチゾール」が出てきてしまい、質の良い睡眠にかかせないホルモン「メラトニン」の分泌が阻害されてしまいます。

スマホやタブレットで読む派の人は、日が暮れたらブルーライトカットメガネをすることをおすすめします。井戸本家では二人ともコンタクトレンズをしているので度なしのものを使っています。

公式サイトで見る 楽天で見る

ブックスタンド

いつでもどこでも一文字でも多く本を読みたいと思っているので、ブックスタンドがあると両手があくので便利です。

何か物を置いてページを押さえると、ページが勝手に閉じてしまったりするのがプチイラっとモーメントですよね。このブックスタンドには支えがついているので、しっかりと読んでいるページを押さえてくれます。これで、ご飯を食べながらでも(あまりお行儀よくありませんが)、ストレッチをしながらでも、赤ちゃんを抱っこしながらでも、授乳しながらでも(笑)、紙の本が読めます。

本を開きながらパソコンで記事を書くときにも便利だし、タブレットやKindleを載せて使っても。

Amazonで見る
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

投稿日:

執筆者: