人文・思想 自己啓発

自分を鍛える!:200年前から読み継がれる自己啓発本の古典

投稿日:2019年4月26日

自分を鍛える!-ジョン・トッド-idobon.com

自分を鍛える!
日々の習慣、読書、運動、交際術など、生活をトータルに改善!

本書は私が大学生時代に出会った本で、以後繰り返し読んでいる愛読書の1冊です。何度読んでも新たに考えさせられ、励まされ、そして姿勢を正される良書です。

この本は原著が1835年に出版されており、なんと約200年前です(;゚Д゚) 日本だとまだ江戸時代末期ですね。しかし読んでみると、まるで昨年出版された本かのように、違和感なく読めます。それほど、世代を経ても古くならない、核心を突いた内容が凝縮されているように思います。

この本は人生観について深い洞察にあふれています。特に第1章の、人生の可能性についての記述は、読む人すべてに勇気を与え、奮い立たせてくれる素晴らしい内容です。

しかし本書はそのような人生論の本にとどまりません。特筆すべきは、読んだ瞬間からすぐに実践できる、実際的なアドバイスを豊富に提供してくれていることでしょう。良い習慣の身に着け方、記憶に残る読書法、一目置かれるための会話術、体の鍛え方など、様々な角度から自分を高める方法を教授してくれます。

最近は仕事が忙しく、平日の帰宅後は何かと怠けがちだったのですが、久しぶりにこの本を読み返して、またしっかり頑張らなくては!と元気をもらいました。これからも幾度も読み返すことになりそうです。ほぼ2世紀にわたって読み継がれている、まさに自己啓発の古典と呼ぶのにふさわしい1冊だと思います。ぜひ一度手に取り、味わってみてください!


 

自分を鍛える!-ジョン・トッド-idobon.com

「知的生活」トレーニングの方法 自分を鍛える!
ジョン・トッド

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-人文・思想, 自己啓発
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

The Subtle Art Of Not Giving F**k-Mark Manson-idobon.com

The Subtle Art Of Not Giving F*ck:題名は強烈だが大切なことを学ばされる。細かいことを気にしてしまう人必読

2017年に読んだ中で最も影響を受けた本 タイトルにはかなりぎょっとさせられるのですが、汚い言葉遣いの反面、書いてあることは非常にまともで哲学的でした。 この本との出会いは、好きでよく見ているアメリカ …

保守主義の精神(上)-ラッセル・カーク-idobon.com

保守主義の精神(上・下):何度も繰り返して読みたい名著

保守主義について気合を入れて学びたい人に まず申し上げておきたいことは、本書は上下合わせて800ページ以上の大著だということです。(この私のように)生半可な気持ちで読み始めると途中で心が折れそうになり …

いま大人に読ませたい本-谷沢永一・渡部昇一-idobon.com

いま大人に読ませたい本:読書好きにはたまらない愛のこもった名著リスト

二人の著者の愛のこもった名著リスト 本書は、言わずと知れた読書界の巨人である、谷沢永一氏と渡部昇一氏が、おススメ本についての熱い想いを語った対談録となっています。読書を知り尽くしたお二人の、読書に対す …

知的生活の方法-渡部 昇一-idobon.com

知的生活の方法:読書への愛やヒントがたくさん詰まった本

この本で自分は読書に目覚めたといっても過言ではない 「1冊の本との出会いによって、人生が変えられた」 そんな言葉、時々耳にしますよね。私もこれまでそれなりに様々なジャンルの本を読んできましたが(といっ …

キリスト教と戦争 (中公新書)-石川 明人-idobon.com

キリスト教と戦争:キリスト教はいかに戦争をとらえてきたかがわかる好著

キリスト教はいかに戦争をとらえてきたかがわかる好著 私自身クリスチャンであり、また、国際政治や安全保障に興味があります。そんな私の大好きなトピックが合体した、私にとっては1冊で2度おいしい(?)本です …