小説

騎士団長殺し:日常の中に非日常が現れる村井春樹ワールド

投稿日:

騎士団長殺し 村上 春樹

お決まりの春樹パターンは健在だけど、相変わらず引き込まれる

「騎士団長殺し」というタイトルからして、最初はバイオレントな歴史ものかなと思っていたのですが、全然違いました。

主人公は、妻に裏切られた孤独な画家。数ヶ月の放浪生活ののち、小田原にある友人の父親のアトリエであった家に引きこもります。

描きたい絵も描けないでいる中、友人の父親である雨田具彦が屋根裏に隠していた「騎士団長殺し」という絵を見つけ、そこからおかしな世界が始まっていくという内容。

近所に住む大富豪メンシキからの依頼、雨田具彦の謎、パートタイムで教える絵画教室の教え子である秋川まりえとの出会いなどが絡み合い、変な世界に引き込まれていきます。

主人公は「私」で、最初から最後まで名前が出てこないのですが、意志がなく流されているだけの人物のように見えます。
メンシキの依頼に関しても、離婚に関しても、人と寝るのに関しても、全て。

これは主人公が芸術家という設定だからなのでしょうか。

流れに任せて事が起こるのを観察し、自分の心がそれに合わせて変わってくる中で、芸術というものが起こるのかなぁと。

そしてそんなパッとしない主人公でも、春樹の小説ではご多分に漏れず、寝る相手には困らない(笑)

とかケチを付けておきながら、なかなか引き込まれました、この小説。

村井春樹はストーリーの中で何かを暗示させるのが得意だと思います。次に何が起こるんだろう?とハラハラしながらページをめくりました。

タイトルからして人殺し系かと思いましたが、そんなに血なまぐさい感じではなかったです。

でも、自分の生活の中にも、何か見えない世界への入口が潜んでいるんじゃないか?と思わせてくれるような小説です。

音楽も楽しみながら読もう

1Q84ではヤナーチェクのシンフォニエッタがテーマソングでしたが、騎士団長殺しではモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」。

Spotifyには騎士団長殺しに出てくる曲のプレイリストがあるので、聞きながら読むと更に情景を想像しやすいですよ!


 

騎士団長殺し 村上 春樹

騎士団長殺し
村上 春樹 

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-小説
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Origin-Dan Brown-idobon.com

Origin: 久々にヒットのダン・ブラウン小説

最後の最後まで目が離せない 本作はダン・ブラウン氏によるラングドン教授シリーズの最新作で、同シリーズの中では個人的にかなりヒットしました。前作の「インフェルノ」は個人的にはあまり面白く感じず(話が冗長 …

エマ-ジェーン・オースティン-idobon.com

エマ:全てに恵まれた傲慢な若い女性の自己成長の物語

読みにくいが最後まで読む価値がある作品 ノーサンガー・アベイ、高慢と偏見と続けてジェーン・オースティンの本を読んできましたが、「エマ」は上記2作に比べて読みやすさで言うと難易度が高い作品だと感じました …

その女アレックス-ピエール・ルメートル (著)、橘明美 (翻訳)-idobon.com

その女アレックス:毎章ごとにこんなにがらっと展開の変わる小説は初めて

完全に普通じゃないミステリー小説 表紙の絵と裏表紙のあらすじからして、女性の誘拐の話かなと思って読み始めました。アレックスという女性は男に誘拐され、想像を絶する残忍な状態で監禁されます。普通のミステリ …

お菓子とビール-モーム-idobon.com

お菓子とビール:男性が魅力的だと思う浮気女について女目線で読むと

30年後にまた読んでみたい本 亡くなった大小説家テッド・ドリッフィールドについて書いてくれと頼まれる主人公。亡きドリッフィールドのことを思い出しながら彼と知り合った16歳の時を回想する主人公も今は60 …

モデラート・カンタービレ:短いけど不思議な感覚を残す小説

フランス語で読もうとしたが挫折… 私はフランス語を勉強しています。フランス語は、英語の10倍以上難しく感じます。特に文法。名詞に男性と女性があるし、その名詞が文中にいる時は、形容詞もそれに合わせなくて …