ダイエット 外国文学 小説 洋書

Fitness Junkie:ニューヨークのヘルス&フィットネスシーンはここまできたか

投稿日:2019年5月3日

Fitness Junkie-Lucy Sykes-idobon.com

Fitness Junkie
健康&フィットネスオタクなら読みたい一冊

ニューヨークの今どきのヘルス&フィットネスシーンを織り交ぜながら、一人のアラフォーの女性のボディイメージやキャリアの葛藤を描いた作品。

ジェイニー・スイートはゲイの親友ボウと、人気ウエディングドレスブランドのB.を展開するやり手の経営者。ファッション界でメディアに出る機会の多いジェイニーですが、40代を間際に体重が増加傾向に。

細めのサイズしか作らないことで知られているB.ですが、ある時ジェイニーが公の場で炭水化物にかぶり付いている写真と共に、批判記事が公開されてしまいます。

それに腹を立てたパートナーのボウに、14キロ痩せるまで会社に来るな、と宣告されてしまいます。その後、あらゆる流行りのダイエット法やフィットネスクラスを試していくジェイニー。その間に出会ったある人気フィットネスインストラクターの秘密を知ってしまい・・・という感じでストーリーが展開していきます。

最新のヘルス&フィットネスシーンが面白い

本書の見どころは、ジェイニーが色々なフィットネスクラスや健康法を試していき、それを若干皮肉めいた感じで描いているところ。

例えば、トップレスヨガ(上半身裸のヨガ)とか、泥を食べてデトックスするとか、クラス中にインストラクターが罵声をあびせる高額スピンクラス、150万円もするリトリート旅行とか。読んでいて飽きないです。

トップレスヨガは調べたら本当にあるようです(笑)

人は誰しもないものねだり

ジェイニーはビジネスで成功していて、しかも実家は全米有数のお菓子メーカー。いつでも帰ってきて実家の事業を継ぐことはできるのに、B.での仕事に戻ることに固執します。

他人からみたらいかにも羨ましい恵まれた境遇にあるのに、ひとつの問題点ばかり見つめてしまう。誰しもそんな頑固なところがあるのではないでしょうか。

本書はニューヨークの人気スタイリストLucy Sykesが書いた小説です。ニューヨークのファッションシーンを熟知する彼女だからこそ、描けたストーリーなのでは。

ニューヨークのファッション界や富裕層にいにもいそうだな、という登場人物の描写も面白いです。そのうち映画化しそうだな、この本。

スラングも面白い

この本でもう一つ面白かったのが、いかにも今っぽいスラング。

スマホがある今だからこそ使われるようになった言葉など、気になったスラングをいくつか紹介しておきます。

Facetune

画像加工アプリのこと。動詞として使う

例:”I’ll Facetune your photo.”

「あなたの写真、加工してあげる。」

 

postworthy

アップする価値のある(画像など)

例:”Is this picture postworthy?”

「この写真、アップすべき?」

 

addy=address

住所

例:”Text me the addy and I’ll meet you there.”

「住所送っといて。直接現地で会おう。」

 

wellth

wealth(富、裕福なこと)とかけて、お金のことを忘れて、人生の豊かさを大切にすること

 

CHO

Chief Household Officer

CEOとかけて、専業主婦のこと


 

Fitness Junkie-Lucy Sykes-idobon.com

Fitness Junkie
Lucy Sykes

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-ダイエット, 外国文学, 小説, 洋書
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お菓子とビール-モーム-idobon.com

お菓子とビール:男性が魅力的だと思う浮気女について女目線で読むと

30年後にまた読んでみたい本 亡くなった大小説家テッド・ドリッフィールドについて書いてくれと頼まれる主人公。亡きドリッフィールドのことを思い出しながら彼と知り合った16歳の時を回想する主人公も今は60 …

The-Kite-Runner-Khaled-Hosseini-idobon.com

君のためなら千回でも(The Kite Runner):犠牲、裏切り、悔い改めのストーリー

イスラム教の世界だけどすごく聖書的なストーリーだと思った PR会社で働いていたころ、ある会社の社長のPRをする機会がありました。雑誌やオンラインメディアのインタビュー枠を取ってくる仕事だったのですが、 …

You Can Retire Early!-Deacon Hayes-idobon.com

You Can Retire Early!:パーソナルファイナンスについて知っておくべき基礎知識が詰まった一冊

パーソナルファイナンスについて知っておくべき基本知識を学べる この本を知ったきっかけは、著者のインタビューをマーケティング関連のポッドキャストで聞いたのがきっかけ。著者のDeacon HayesはWe …

On China-Henry Kissinger-idobon.com

On China(邦訳タイトル:中国):重鎮キッシンジャー氏による長大な中国論

不満な点もあるが、面白い 本書の著者は言わずと知れた米国政治界の重鎮、ヘンリー・キッシンジャー氏です。キッシンジャー氏は大統領補佐官や国務長官を歴任し、1970年代の米中国交正常化にも当事者として深く …

Tom Clancy's Full Force and Effect(米朝開戦)-Mark Greaney

Tom Clancy’s Full Force and Effect(米朝開戦):リアリティ&スリル満点のサスペンス小説

多読教材としてもグッド トム・クランシーは言わずと知れた大物作家ですが、彼の世界観を引き継いで、著者のグリーニーが新たなジャック・ライアン伝説を紡いでいます。本家と比べても遜色なく、クランシーのファン …