未分類 社会・政治 社会学

夫とは、したくない:セックスレスはあなただけじゃない

投稿日:

夫とは、したくない。セックスレスな妻の本音-二松まゆみ-idobon.com

30代、40代の夫婦の寝室事情のリアルが語られる

夫とセックスしたくない妻の座談会。好きで結婚したのに、なぜセックスしたくなくなるのか。なぜ、夫に拒まれるのか。どうやって解決しようと心がけているのか。

数人の妻たちが夫婦仲相談相談所所長で著者の二松まゆみさんと語り合います。

30代半ばの主婦友達と話していて、「二人目欲しいけど・・・」とか「なかなかできない」を良く聞くようになりました。もっとオープンな友達からは、「一人目妊娠後レスだから、どうにか頼まなきゃ!」とか「子供と寝てるから、排卵日にリビングにお布団ひいて『お願いします!』するしかない・・・」と。聞きたくても根掘り葉掘りは聞けない、お隣の寝室事情。そんな下劣な興味本位からこの本を手にとりました。

くすっと笑って同感するコメントが多々。
例えば・・・

・旦那の枕カバーを洗う時だけ塩素系漂白剤
・旦那が寝た部屋なんかくさい
・旦那の下着はユニクロのでももったいないと思う(←ひどい)

とかね!私もあるある!と共感してしまうエピソードも多々出てきて面白い。

その一方、腑に落ちなかったのは、著者の浮気の定義、「同じ相手と2回以上セックスしたら、浮気」。

じゃあ風俗で毎回違う人とならいいのか?!

一晩だけだったら外で色んな人とやりまくってくる旦那でも浮気でないと言って許せるのか?

そんな旦那とセックスレスを解消したいと思えるのか(性病移されそう…)?

などなどツッコミどころ満載。

「男は横見するもの!そこは多めに見てあげて、正妻としての地位を確立しなさい」とのメッセージには疑問を覚えました。アメリカのフェミニストからはお怒りの言葉をいただきそうな古い男女感。

一点、気付きを与えられたのは、セックスレス夫婦が生み出す子供による、更なるセックスレスの連鎖についてです。

夫から女性として相手にされない妻が子育てに全身全霊をそそぐ→大概その傾向は男の子ママに多い→隠れマザコンと間違った妻の観念(かまってちゃんの育成、妻は俺の世話をしてくれる家政婦)が育てられる→知らず知らずのうちに自分の旦那のような子供を育てている妻→その男の子が大人になったとき更にセックスレスの夫婦を生み出す

なるほどなと思いました。これには、日本人男性の子育てに対する関わりの欠如も関係するのかなと思います。

大体結婚したら家族になるからセックスとかする対象じゃないって考え方が理不尽なんだよ!

私は本は断然紙派・図書館で借りるタイプなのですが、今回も恥ずかしげもなく近所の図書館で予約して、取りに行きましたよ笑

図書館の人に、「この人大丈夫かしら…」とか思われているんだろうなぁ。このレビューを書くために恥を忍んで図書館で借りてきた私に拍手喝采をお願いします。


 

夫とは、したくない。セックスレスな妻の本音-二松まゆみ-idobon.com

夫とは、したくない。セックスレスな妻の本音
二松まゆみ

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-未分類, 社会・政治, 社会学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

剣の刃-シャルル ド・ゴール-idobon.com

剣の刃:これからの日本に必要な本

政治と軍事の関係を考える上でとても参考になる 「剣の刃(つるぎのやいば)」、かっこいいタイトルですね。何を隠そう、私が本書を購入したきっかけは、もちろん優れた本であると聞いたからというのもありますが、 …

ゴプセック 毬打つ猫の店-バルザック-idobon.com

ゴプセック 毬打つ猫の店:バルザック「ゴリオ爺さん」を読んだらこれも読みたい

バルザックが19世紀パリを描く「ゴプセック」と「毬打つ猫の店」の短編小説二本立て ゴプセック バルザックの小説の面白さは、130もあるという作品の中で登場人物が再登場するというところ。それが、シリーズ …

戦う北欧:抗戦か・中立か・抵抗か・服従か-武田龍夫-idobon.com

戦う北欧 抗戦か・中立か・抵抗か・服従か:類書なき良書

軍事力なしには平和も中立も守りえなかった悲壮の歴史 絶版して久しい本書ですが、読んであまりにも面白かったので、レビューさせていただきます!(アマゾンで簡単に中古本を購入できますしね♫ 良い時代です) …

In Defence of War-Nigel Biggar-idobon.com

In Defence of War:キリスト教神学者が書いた戦争論の傑作

戦争と平和主義を考えるうえで最高の専門書 色々と本を読んでいて、震えるほど知的興奮に満たされる本に出会えるのは、私の場合せいぜい年に1~2冊くらいです。しかし、2019年は初っ端からきました!今年はい …

貧困女子のリアル-沢木 文-idobon.com

貧困女子のリアル:年収700万でもカード借金地獄、女子会や見た目につぎ込みすぎで親のすねかじり…とまぁ闇が深い

見た目は貧困に見えなくても実は生活に窮している女性たちの闇 以前、鈴木大介氏の「最貧困女子」という本を読んだことがありますが、それは家庭環境や知的障害などの背景から貧困に落ち込み、抜け出せなくなってし …