外交・国際関係 社会・政治

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略:中国の政治・軍 事に興味のある方は必読の研究論

投稿日:2018年4月9日

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略-平松茂雄-idobon.com

読むと勉強したい気持ちが湧いてくる

著者である平松茂雄氏は、多くの中国の軍事関係の専門書を出されていますが、本書は一般向けに書かれており、専門知識がなくてもストレスなく読むことができます。

本書は、著者の中国政治・軍事論のエッセンスをまとめた部分と、研究方法を紹介している部分の大きく二つに分けられます。中国の軍事及び政治についての知見を深められる専門書として読むことができるうえ、著者の研究論やちょっとした自伝などがまとめられており、啓発書としても読むことができるという、一冊で二度おいしい本になっています。

彼の毛沢東に対する高評価(もちろん人物としてではなく、あくまでも彼の戦略についての評価ですが…)に関する部分なども、読んでいてとても刺激的ですが、本書で特に興味を惹かれたのが、彼の研究論です。これまで多くの中国関係の専門書を出版してきた平松氏の研究方法の基本が、人民日報(中国政府の公式新聞)と解放軍報(中国軍の公式新聞)の二紙を徹底的に読み込むという、単純明快なものであることです。著者曰く、個別の論文などを書く際はもちろんいろんな資料を参照するそうですが、研究の基本は、あまり余計な情報は読まず、この二紙を徹底的に読み込むことだ、と力強く主張しています。

確かに、中国研究に限らず、学術研究一般において、一次資料の重要性は疑う余地のないものですが、昨今の大量に出版される解説書や一般書の洪水の中で、基本としての一次資料の大切さを改めて実感させてくれます。「誰かがそう言っていた」ではなく、「自分の目で確かめ、考える」という著者の態度は、個人的にも自分への戒めとして見習いたいです。

また、本書を通じて、著者の研究に対する真摯な態度が随所で伺われ、読むこちらの背筋が正される思いがします。単なる中国論にとどまらない、何度も読み返したくなる、そんな魅力が本書にあります。 


 

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略-平松茂雄-idobon.com

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
平松茂雄

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外交・国際関係, 社会・政治
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦う北欧:抗戦か・中立か・抵抗か・服従か-武田龍夫-idobon.com

戦う北欧 抗戦か・中立か・抵抗か・服従か:類書なき良書

軍事力なしには平和も中立も守りえなかった悲壮の歴史 絶版して久しい本書ですが、読んであまりにも面白かったので、レビューさせていただきます!(アマゾンで簡単に中古本を購入できますしね♫ 良い時代です) …

On China-Henry Kissinger-idobon.com

On China(邦訳タイトル:中国):重鎮キッシンジャー氏による長大な中国論

不満な点もあるが、面白い 本書の著者は言わずと知れた米国政治界の重鎮、ヘンリー・キッシンジャー氏です。キッシンジャー氏は大統領補佐官や国務長官を歴任し、1970年代の米中国交正常化にも当事者として深く …

ミサイルの科学-かの よしのり-idobon.com

ミサイルの科学:よくわかるミサイル入門書

北朝鮮のニュースを理解するためにもおススメです 北朝鮮は、昨年11月に新型の大陸間弾道弾(ICBM)級弾道ミサイル(火星15型)を発射しました。その前の昨年8月と9月には、日本列島を飛び越える形で2発 …

嘘つきアーニャの真っ赤な真実-米原万里-idobon.com

嘘つきアーニャの真っ赤な真実:知らなかった東欧・中央の共産主義世界が読み取れる

少女時代をプラハのソビエト学校で過ごした米原万里さんの回想録 共産党員の娘としてうまれた米原万里さんは、父の仕事の関係で9歳~14歳プラハで過ごし、現地学校ではなくソビエト学校に通われます。この本は、 …

北朝鮮 核の資金源「国連捜査」秘録:スパイ小説並みに面白い

北朝鮮制裁をめぐる裏の世界 北朝鮮をめぐる国際政治の裏の世界を垣間見た…というのが、本書を読んだ率直な感想です。北朝鮮の繰り返される核実験・弾道ミサイル発射によって、北朝鮮への制裁はこれでもか、これで …