レポート・レビュー 井戸本家

【レポート】荻窪・西荻窪の古本屋巡りをしてきたよ

投稿日:2018年4月12日

全ては妻が街中でこんなのを見つけたところから始まった・・・

Metropolitana 荻窪本屋特集

『metropolitana tokyo 2月号―荻窪は、本屋さんへ』

妻

『ぬぁああにぃいい?!荻窪に本屋が密集しているだと?!』

『夫よ、これを見てくれ』

夫

『ぬぁあああにぃいいいい!!!これは行くしかないな。よし、行こう』

 

てなわけで、metropolitana片手に荻窪来ちゃいました。

Metropolitana持って荻窪来ちゃった

顔面初公開だね。花粉症夫婦。

花粉にまみれながら荻窪・西荻窪の本屋を練り歩きました。
今回はその時のレポートをお届けします!

 

読書大好き夫婦の荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

まずは1軒目。
荻窪駅の南口を出たところすぐに見つけたのが、こちらの古本屋

岩森書店

岩森書店-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

昔ながらの古本屋で、ふらっと立ち寄れる感じです。
古典が多く、「プルースト全集」「大日本地名辞書」「三島由紀夫コレクション」など、ハードカバーの古典コレクションが充実していました。

岩森書店の店内-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

妻が大好きな体に関するマニアックな本が・・・

岩森書店の気になる本-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

あとは「おなら大全」という本も気になったけど、さすがに買うのが恥ずかしかった(笑)

岩森書店
〒167-0051
東京都杉並区荻窪5丁目21−11
http://www.iwamorishoten.jp/

 

文禄堂

岩森書店から1分も離れていないところにあるのが文禄堂。
あゆみブックスがプロデュースする、新しい形態の本屋だとか。

文禄堂-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

可愛いらしい店頭で、タイのトゥクトゥクのような乗り物がお出迎えしてくれます。

文禄堂-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

今っぽいセレクションが多く、雑誌、ビジネス書、語学系までなんでも揃いそうな本屋です。

若い人の興味を刺激するようなPOPがところどころに。
私の大好きな脳に関する本もたくさんあって、ついつい本買いたい欲が刺激されてしまいました・・・

文房具も充実している。

文禄堂文房具-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

これ欲しいな・・・

文禄堂文房具-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

文禄堂 荻窪店
〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-30-6
http://bunrokudo.jp/

お腹がすいたのでカレーを求めて北口へ

荻窪は美味しいカレー屋が多いということで、食べログの荻窪カレー人気店ランキングで2位になっていた吉田カレーに行ってみることに。

北口を出て、BOOK OFFを片目に左手に歩いていくものの、なかなか見つからず。

夫

『なんか通り過ぎたっぽいよ。戻ろう。』

妻

『なぬー!』

夫

『あっ。これじゃない?』

吉田カレー-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

な・・・なんという分かりづらさ!!

本当に営業してんのかな~っと半開きのシャッターの中をのぞいてみると、狭い階段にずらりと行列が。

これは相当美味しいに違いない、ということで並んでみることに。

階段には「本当にやる気がないのでできれば他に行ってください。」というメッセージが貼ってありました。

他にも、「店内撮影禁止(カレーはOK)」とか「店内では4人以上待てません。4人以上待っているのに入った時点でお帰りいただきます」とか厳しい張り紙が・・・。

でもレビューの評価は高そうだし、カレーは小麦粉不使用、トランス脂肪酸、食品添加物、化学調味料、保存料は一切不使用、塩分・脂質控えめだとか。
健康オタクの妻としてもぜひぜひ食べてみたい。

ドキドキして待つこと30分、やっと席に着くことができました。
店内には4人席がひとつとカウンター席が3つしかないので、4人席に他のお二人と相席することに。

お代金は前会計、カレーは店主がカウンターに出してくれて、自分で取りに行くスタイルです。お冷やとか台布巾とかも、置く場所がテープでみっちりと決められていて、「はみ出さないでください」なんて書いてあったりして。

「食べ終わったら速やかに出ってってください(ブスの女子会禁止)」といったような張り紙もあり、なんだか怖くて会話もできず。

やっとありつけたカレーがこちら。

吉田カレー-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

吉田カレー-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

見た目はすごくすごくおいしそうでしょ。

気になるお味は・・・

妻

『うーん、好き嫌いありだな。なんていうか、バナナ入ってない?』

夫

『健康に良さそうだけど、かなり薄味だよね』

 

店主も、俺流のカレーを作り、俺流に店を運営していらっしゃるようなので、文句があるなら帰ってください的な感じのようですが・・・

でもこんなに緊張して食べたカレーは初めてでした( ;∀;)
お味も(誠に失礼ですが)緊張して待った割には「?!」で。

でも、私たちの後にもすごい行列ができていて、根強いファンがいるのだなと思いました。
なので、好きな人は好きだと思います!

お店も週に4日程度しか運営していないようだけど、これだけ行列ができるとは『勝ち組』な店だと思います。
お客に媚びないブランディングのすごさを見せていただいた意味で、良い勉強になった体験でした(笑)。

吉田カレー
〒167-0032
東京都杉並区天沼3-8-2 2F
http://yoshidacurry.com/

気を取り直して、荻窪駅前のBOOKOFF PLUSに立ち寄りました。
大きいので色々と掘り出しものが見つかりそう。
10分だけのはずが、何十分もいてしまいました。



お次は西荻へ!

荻窪から西荻は20分くらいで歩けるようですが、妻のお腹も重くなってきているので、JRに乗って行きました。

荻窪とまた一風変わって西荻は穏やかな住宅街な雰囲気。

グルテンフリーのロースイーツが食べられるという「raccoon(ラクーン)」に行ってみました。
なんと、こちらも小麦粉不使用の美味しいカレーで有名なのだとか。
うぐぐぐ・・・吉田カレーの前に調べていれば(´;ω;`)

詳しいレポートは妻のブログに!

グルテンフリーのロースイーツが食べられる西荻窪のカフェ「raccoon(ラクーン)」

raccoonでのんびりした時間を過ごした後、またてくてく歩いて散策に。

松庵文庫

古民家を改造したような、素敵なお店。
お店の外では有機野菜を売っていました。

松庵文庫-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

本屋というよりはカフェ。
店内はゆったりとした時間が流れていました。
raccoonでお腹いっぱいだったので、今回は見るだけに。

松庵文庫-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

売店もあります。
オーガニックフードやこだわりのグッズ、本などを扱っています。

松庵文庫-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

健康や食に関する本が集められていました。
妻、興味津々。

松庵文庫-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

松庵文庫
〒167-0054
東京都杉並区松庵3丁目12-22
http://shouanbunko.com/

西荻ってゆったりしていて本当にいいところですね。
隠れ家的カフェもところどころにあります。

西荻最高-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

『変質者』

のんびり散歩しながら、今度は北口に向かいました。

旅の本屋 のまど

北口を出てしばらく行ったところにあるこちらの本屋は、テーマが「旅」。

旅の本屋 のまど-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

今すぐ旅に出たくなるようなガイドブックやフォトブックがセレクトされています。店主の方の旅への愛が伝わってくるようなセレクションです。

旅の本屋 のまど-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

旅に関するトークセッションやワークショップも、よくこちらで開催されているみたいです。

妻

『あー、旅に出たい!』

夫

『赤ちゃんが産まれてちょっと落ち着いたら、どっか行きたいねェ』

旅の本屋 のまど
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3丁目12-10
http://www.nomad-books.co.jp/

古書 音羽館

「のまど」のすぐ近くにあるのがこちらの古本屋さん。

古書 音羽館-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

天井まで所狭しと積み上げられた古本の数々。
お宝が発見できそう。

古書 音羽館-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

ゆっくり見たかったのですが、ハウスダストアレルギーなので、くしゃみが止まらなくなり撤退(泣)。

店の外の100円コーナーを物色しました。

古書 音羽館
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3丁目13-7 ベルハイム西荻窪 1F

忘日舎(ぼうじつしゃ)

「音羽館」の角をまがったすぐのことろにある忘日舎。

文学、思想、人文系の書籍が、木造りのおしゃれな本棚に飾られていました。

忘日舎-荻窪・西荻窪の古本屋巡りレポート

忘日舎
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3丁目4
https://www.vojitsusha.com/

妻

『楽しかったね、荻窪&西荻!』

夫

『いい街だね。今度はraccoonのカレー&松庵文庫のカフェにリベンジしよう』

 

▼本の買い取りなら

古本、CD、DVD、ゲームをご自宅まで無料集荷。買取のもったいない本舗

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-レポート・レビュー, 井戸本家
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外観-ランプライトブックスホテル名古屋-Lamp Light Books Hotel Nagoya

【レポート】ランプライトブックスホテル名古屋:読書好きにはたまらない空間!心ゆくまで読書を楽しめるホテル

本好きなら一度は訪れたい、ランプライトブックスホテル 本好きのためのホテルが名古屋に出来たと聞きまして、これは行かねばならぬ!!!と思い、友達に会いに行ったついでに一泊してきました♪ 夫と一緒に行きた …

井戸本家の本棚~とある本好きな夫婦の読書録

井戸本家の本棚へようこそ

初めまして、井戸本家の本棚へようこそ! 私たちは読書が大好きな夫婦です。 今まで何百冊と色々な本を読んできた二人ですが、たくさん本を読む人にありがちなことですが、読んだかたっぱしから内容を忘れてしまう …