社会・政治 軍事

名著で学ぶ戦争論:気軽に読める戦争論入門

投稿日:2018年2月26日

名著で学ぶ戦争論-石津 朋之-idobon.com

ワクワクさせてくれる格好の入門書

その名のとおり、戦争や安全保障に関する名著を紹介する本ですが、セレクションが古今東西そろっていて、勉強になります(*^^*) 昔はトゥキディデスの『戦史』や『孫子』、『ガリア戦記』などの古典に始まり、クラウゼヴィッツの『戦争論』やジョミニの『戦争概論』などの定番に加え、現代の代表的な著作まで紹介されており、これ1冊で、一通り戦争に関する名著をカバーできるような構成になっております。

解説も、それぞれの著作ごとに2~3ページほどでまとめられており、また、専用用語などを使わず易しく解説してくれているので、ストレスなく読むことができます。もちろん、それでその本の中身を網羅することはできませんが、この解説を読んだ後に、原著を読むようにすれば、理解も早まると思います。(私も、カントの『永遠平和のために』などを読んだ時は、この本にだいぶ助けられました)

ところで、本書は、「経済戦略や経営戦略といった分野で活躍されている方々にも読んでいただける内容になっている」とのこと。私自身はビジネス関係の仕事をしていないので何とも言えませんが、確かに、ビル・ゲイツや孫正義といった著名なビジネス人も『孫子』を愛読しているとのことなので、戦争論とビジネスはいろいろと通じるものがあるのかもしれませんね。

戦争論・戦略論などに興味のある方には、「どういう本を読んだらいいのか」という格好の指針になるのではないかと思います。私自身、こういう読書案内・文献案内などの本は大好きで、この本をきっかけにまたいろいろと本を買い込んでしまいました(^^;) 知的好奇心を刺激してくれる良い本だと思います。


 

名著で学ぶ戦争論-石津 朋之-idobon.com

名著で学ぶ戦争論
石津 朋之 (編著)

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-社会・政治, 軍事
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

剣の刃-シャルル ド・ゴール-idobon.com

剣の刃:これからの日本に必要な本

政治と軍事の関係を考える上でとても参考になる 「剣の刃(つるぎのやいば)」、かっこいいタイトルですね。何を隠そう、私が本書を購入したきっかけは、もちろん優れた本であると聞いたからというのもありますが、 …

ミサイルの科学-かの よしのり-idobon.com

ミサイルの科学:よくわかるミサイル入門書

北朝鮮のニュースを理解するためにもおススメです 北朝鮮は、昨年11月に新型の大陸間弾道弾(ICBM)級弾道ミサイル(火星15型)を発射しました。その前の昨年8月と9月には、日本列島を飛び越える形で2発 …

分断されるアメリカ-サミュエル ハンチントン-idobon.com

分断されるアメリカ:アメリカの「分断」についての考えをひっくり返してくれる刺激的な書!

アメリカの「分断」についての考えをひっくり返してくれる刺激的な書!:分断されるアメリカ 昨年、トランプ大統領が就任する前後で文庫版で復刊され(最初の翻訳出版は2004年)、話題となった本書。著者は、『 …

新版北朝鮮入門-礒﨑 敦仁, 澤田 克己-idobon.com

新版 北朝鮮入門:「北朝鮮問題」の格好の入門書!

「北朝鮮問題」について知りたければまずこれを読むべし 金正恩の満面の笑顔がまぶしい本書の表紙ですが、内容はいたってまともです(笑) 仕事の関係で北朝鮮のことを調べる必要があり、いろいろと読み漁ってみた …

The Hundred-Year Marathon: China's Secret Strategy to Replace America As the Global Superpower Michael Pillsbury-idobon.com

The Hundred-Year Marathon(邦題:China 2049): 日本にとって本当の脅威は何かを教えてくれる本

北朝鮮よりも恐ろしい中国 中国という国は本当に恐ろしい…というのが、率直な読後感でした。いえ、別に中国の人が個人的に恐ろしいというわけではないのですが(^^;)、国家としてのビジョンの大きさ、そして、 …