社会学

サイコパス (文春新書):まわりの理不尽な人への対処の鍵が見つかるかも

投稿日:2018年1月22日

サイコパス (文春新書)-中野 信子-idobon.com

まわりの理不尽な人への対処の鍵が見つかるかも

前の職場にどうも冷血で同情心がなく、いつも理不尽なことを言ってくる上司がいて、しばらく悩まされていたことがあります。そんな中、心理学専攻の同僚が「彼は絶対ソシオパスだな。完全パターンに合致する。」と言っていたのが印象に残って。サイコパスとソシオパスはまた少し違うけれど、社会学的にそうカテゴリ分けされる部類の人たちについて理解できれば、上司とのコミュニケーションのヒントになるかもしれないと思い、手に取ったのがこの本です。

過去に凶悪犯として名を遺したサイコパスたちのストーリーから始まり、サイコパスと言われる人たちの特徴についてよく解説されています。

 

特に興味深かったのがサイコパスの脳についての章。

最近の研究から、サイコパスの脳は普通の人の脳と異なることが分かってきているようです。

例えば共感能力をつかさどる脳の部分の機能が低いとか、恐怖や不安を感じる部分の機能が低いとか。だから平気で非人道的なことができてしまったりするそうなのです。

そういった機能障害は先天的、または後天的なさまざま理由から起こるのだとか。

これは本当に目からうろこでした。

もしかしたら前述の上司も、ただ「脳の障害があるのかもしれない」と思うと、「じゃあ仕方ないな」と思えることに気が付きました。こういう風に結論付けてしまうことが正しいことなのかは分かりませんが、彼に言われたことや、されたことをあまり真に受けてはいけないと思うことができました。なんというか気持ちがちょっと楽になったような。

サイコパスというのは凶悪犯だけではなく、社会的成功者にも多いのだとか。平気でうそをつけるし、自分の過ちを言葉巧みに人の過ちと思わせることができる。だからこそ上に上り詰めていくことができるのです。本書では、世界的に名声のあるスティーブ・ジョブズや、マザー・テレサまでもがサイコパスだったのではないかと書いています。

まわりに平気でうそをつく人や、いつもズルをしているのに上手く言い逃れをしているやっかいな人間はいませんか?そういう人に振り回されているなら、この本はおすすめです。うまく対処する鍵が見つかるかもしれません。

 


 

サイコパス (文春新書)-中野 信子-idobon.com

サイコパス (文春新書)
中野 信子

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-社会学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夫とは、したくない。セックスレスな妻の本音-二松まゆみ-idobon.com

夫とは、したくない:セックスレスはあなただけじゃない

30代、40代の夫婦の寝室事情のリアルが語られる 夫とセックスしたくない妻の座談会。好きで結婚したのに、なぜセックスしたくなくなるのか。なぜ、夫に拒まれるのか。どうやって解決しようと心がけているのか。 …

貧困女子のリアル-沢木 文-idobon.com

貧困女子のリアル:年収700万でもカード借金地獄、女子会や見た目につぎ込みすぎで親のすねかじり…とまぁ闇が深い

見た目は貧困に見えなくても実は生活に窮している女性たちの闇 以前、鈴木大介氏の「最貧困女子」という本を読んだことがありますが、それは家庭環境や知的障害などの背景から貧困に落ち込み、抜け出せなくなってし …