人文・思想 読書論

本を読む本 – 読書家をめざす人へ:学校で習わなかった、読書の基本を学ぶ本

投稿日:2019年2月23日

本を読む本 - 読書家をめざす人へ本を読む本 - 読書家をめざす人へ モーティマー J. アドラーモーティマー J. アドラー-idobon.com

読書家になりたければ、まず正しい読み方を習おう

井戸本家の本棚でブックレビューを書きはじめてから、本の読み方について正しく学びたいと思い、本書を手に取りました。

1.本の意味が分からない時は、単に単語が分からないからかも

アドラーは、本を理解出来ない時、それは本当は初歩的な段階で理解出来ていないと指摘しています。例えば、本に出てくる単語の意味を見たことがあるから理解しているつもりになっていても実は分かっていなかった、などが一例です。

それは当たり前ですが、私にとっては意外な発見でした。外国語の本を読むように、辞書を引きながら読むことも、時には必要なのかもしれないとの気付きがありました。それは子供に読書を楽しんでもらう時にも必要な考慮だと思います。子供が本に興味を示さなかったら、その本は子供のレベルよりも高く、単語を理解していないためかもしれません。

2.読む価値のない本もある

ふたつめの気付きは、読む価値がない本もある、と言うことです。

比較的真面目な私(笑)は、どの本も最後まで読みきらなきゃ!という無言のプレッシャーを感じてしまうタチなのです。本を出版されたからには、なんか偉い人なのだと、知らぬうちにそんな根拠も理由もない尊敬を、見知らぬ著者に対して抱いていたみたいです。

ですが、アドラーは読む価値がない本は、さっさと見切って次に進めと断言します。それを見極めるためには、まず目次やカバーのうたい文句を読み、本を入念に読むことに値するかを調べること。

たまに読む価値ないなと思う本に出会っても、始めたからにはあとがきまできちっと読まなくてはとの先入観があった私にとっては、目から鱗でした。そして今読む価値がないと思っても、1年後、5年後には価値があるかもしれない。その時になってみてまた、トライすればいい。そう思えると読書も気軽に取り組めますね。

3.「書き込みの方法」で読んだ内容を記憶に染み込ませる

最後に、本書に書かれている「書き込みの方法」はこの読書レビューを書くのに役立ちました。本を読み終わるまでレビューを書くのを待ってしまうと、感じたことや大事な要点を思い出せなかったりします。

だから、読みながら書くこと。

私の場合は、iPhoneのノートアプリにメモしていっています。
これを実践するようになり、レビューを短時間でまとめられるようになりました。

2019年の抱負が読書!の方。
まずは本書で正しい読書方法を学んでから。もっと読書が楽しくなること、請け合いです。

 

妻

『編集長の妻です。妻の姉は、イドボンライターの中でダントツで執筆スピードが速いので、説得力がありますわ~』


 

本を読む本 - 読書家をめざす人へ本を読む本 - 読書家をめざす人へ モーティマー J. アドラーモーティマー J. アドラー-idobon.com

本を読む本 – 読書家をめざす人へ
モーティマー J. アドラー

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-人文・思想, 読書論
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読書について 他二篇 (岩波文庫)-ショウペンハウエル(Schopenhauer)-idobon.com

読書について:読書に対する姿勢が変わる

辛口だけどためになる読書論 本書は、辛口で有名なドイツの哲学者ショウペンハウエル(以下、辛口オジサマ)の、読書に関するエッセイを集めた本です。辛口オジサマから放たれる、これでもかと言わんばかりの、耳の …

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条-ケント・M・キース (Kent M. Keith)(著)、 大内博 (翻訳)-idobon.com

それでもなお、人を愛しなさい:心にじ~んとくる文章

人生の本質をまとめた10カ条 本書のサブタイトルにもある「逆説の10カ条」は、元々著者のケント・M・キース氏がハーバード大の二年生だった頃に、高校の生徒会のリーダーたちに向けて書いたものでした。逆説の …

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと-西原理恵子-idobon.com

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと:この本を中学生女子の課題図書にすべし

女として生きていくことのシビアな現実を教えられる本 漫画「ぼくんち」や「毎日かあさん」の作家、西原理恵子さんが若い女性に贈るメッセージの詰まった本。今年、女の子の親になったので、親目線も持ちつつ読ませ …

永遠平和のために-イマヌエル・カントidobon.com

永遠平和のために:平和論の古典ですが…

読みにくいわりに得られるものは少ない 本書は言わずと知れたドイツの大哲学者、イマヌエル・カントによって書かれた、平和論の古典ともいわれる本です。カントと言えば、『純粋理性批判』などの純哲学の著作が大半 …

自分を鍛える!-ジョン・トッド-idobon.com

自分を鍛える!:200年前から読み継がれる自己啓発本の古典

自分を鍛える! 日々の習慣、読書、運動、交際術など、生活をトータルに改善! 本書は私が大学生時代に出会った本で、以後繰り返し読んでいる愛読書の1冊です。何度読んでも新たに考えさせられ、励まされ、そして …