日本史 歴史

一気に学び直す日本史 近代・現代 実用編:教養編に続き良書

投稿日:

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編-安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)-idobon.com

ややイデオロギー色が強いが、勉強になる

本書は、以前レビューした「一気に学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編」の続編です。(元々1冊の本を2冊に分けて改訂したものなので、厳密には続編というわけではありませんが…)教養編を読み終えた後すぐに本書にとりかかるつもりでしたが、他の本にかまけて1年近くも積ん読してしまいました(/ω\) だって読みたい本多いんですもん!

本書は教養編と同じく骨太の記述で、これまで表面的にしか知らなかった歴史事象の背景まで詳しく知ることができます。特に、日本の開国に関する記述などは、なぜ日本だけが植民地にならずに逆に列強の仲間入りをできたのかについて、列強国それぞれの国内事情も踏まえて解説がなされているため、なるほど!と思わされました。もちろん文体はもともと受験参考書なので堅いですが、それでもワクワクしながら読めるようになっています。

そのような詳しい解説がありつつも多すぎない分量であるため、途中で迷子にならずに歴史の流れが頭に入りやすいのもポイントだと思います。まさに日本近代史を学びなおすためにうってつけの1冊であると思います。

ただ、一つ気になったのは、特に現代の記述になると筆者のイデオロギー色と言いますか、主義主張が濃く反映されていることでしょうか。もちろん、ある程度の主観が入るのは仕方ないかもしれませんが、例えば以下の部分などは表現ぶりに思いが入っているなあと感じました。

 〇1960年の安保条約の批准「議会制民主主義まで踏みにじられる」p.258

  → 当時の情勢はさておき、議会で正当な手続きを経た条約批准についてこれは言い過ぎではないかと。。。

 〇中国の文化大革命 「人民の大々的な政治参加」 p.260

  → 政治の大混乱を引き起こした文化大革命が何か穏当な運動に見えてきます。。。

このような点を差し引いても、読んで勉強になることは間違いないですので、【教養編】と併せてぜひおススメしたい1冊(2冊?)です!


 

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編-安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)-idobon.com

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編
安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)

Amazonで見る 楽天で見る いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編-安藤 達朗,‎ 山岸良二,‎ 佐藤 優-idobon.com

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編
安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)

Amazon.co.jpで見る 楽天で見る

 

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-日本史, 歴史
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地図で読む日本の歴史―歴史を動かした「重大事件」99 (知的生きかた文庫) -「歴史ミステリー」倶楽部 -idobon.com

地図で読む日本の歴史―歴史を動かした「重大事件」99:楽しく読める日本の歴史

スキマ時間のお供にどうぞ 実は私、歯を磨いたりトイレに入っている間に何か読みたい派です。そういう時は、気軽に読めるエッセイなどをよく読むのですが、ある時ずぼらな私は思いたちました。こうやって歯を磨いた …

危機の指導者チャーチル-冨田 浩司-idobon.com

危機の指導者チャーチル:「ヒトラーから世界を救った男」の背景に迫る

現役の外交官が描いた、わかりやすいチャーチル解説本 日本で2018年3月末から公開されている映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」は、チャーチルが首相に選ばれて、これから首相とし …

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編-安藤 達朗,‎ 山岸良二,‎ 佐藤 優-idobon.com

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編:「一気に」とはいきませんが…

タイトル通り「一気に学べる」わけではないが、社会人になってから歴史を学びなおすには最適の一冊 本屋で見かけ、「今売れています!」という売り文句につられてついつい買ってしまいました。(←ミーハー) 「一 …

戦う北欧:抗戦か・中立か・抵抗か・服従か-武田龍夫-idobon.com

戦う北欧 抗戦か・中立か・抵抗か・服従か:類書なき良書

軍事力なしには平和も中立も守りえなかった悲壮の歴史 絶版して久しい本書ですが、読んであまりにも面白かったので、レビューさせていただきます!(アマゾンで簡単に中古本を購入できますしね♫ 良い時代です) …

こうして歴史問題は捏造される-有馬哲夫-idobon.com

こうして歴史問題は捏造される:「公文書」から見る歴史問題

「公文書」から見る歴史問題 「慰安婦問題」や「南京大虐殺」などのいわゆる歴史問題について、そのおかしい部分や、そのようなおかしい部分がなぜ出てくるのか、などについてわかりやすく解説してくれる本です。タ …