日本史 歴史

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編:「一気に」とはいきませんが…

投稿日:2018年1月28日

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編-安藤 達朗,‎ 山岸良二,‎ 佐藤 優-idobon.com

タイトル通り「一気に学べる」わけではないが、社会人になってから歴史を学びなおすには最適の一冊

本屋で見かけ、「今売れています!」という売り文句につられてついつい買ってしまいました。(←ミーハー)

「一気に学びなおす!」とタイトルに銘打っているだけあって、記述はかなり充実しています。私もこれまでいろいろな日本史の教科書や、それらをアレンジしたもの(山川出版の「もういちど読む山川日本史」など)を読んできましたが、それらに比べ、歴史上の出来事の背景についての解説が詳しいように思います。

例えば、大化の改新については、7世紀に中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我氏を滅亡させ、天皇中心の政治をつくるために行われた改革、などと元々理解しておりました。本書ではその背景の説明として、唐による高句麗遠征など、唐の強大化により、「国内での危機感が強まり、(それまでの地方分権的な氏姓制度を排して)天皇中心の強固な中央集権国家を作る必要性が痛感されるようになった」と解説されており、なぜ当時大化の改新を行われたかという理由について、すっきりと理解できました。

このように、1冊読みとおした後では、原始時代から江戸中期までの歴史の流れの大枠を、自分の頭の中で整理できるようなつくりになっていると思います。記述が充実している分、この手の本としては、物語のような(大袈裟?)ストーリー性も多少感じられるので、割と楽しく読み進めることができると思います。(すでに2回通読してしまいました)

 

ただ、一つ苦言と言いますか、注意喚起をさせていただきたいのは、「一気に学びなおす!」というタイトルから、比較的短時間ですんなり通読できそうなイメージを抱かれるかもしれません。私も「一週間くらいで読み終わるかな?」なんて考えながら手に取りましたが、結局通読するのに1か月以上かかってしまいました。いくら記述が充実し、楽しんで読めるとはいえ、もともとは受験参考書。そこまですんなり簡単にとはいきませんでした(^^;)

これ1冊で江戸中期での知識はかなり整理できるという意味でおススメですが、結構読むのに骨が折れますので、読まれる際は気合を入れて挑戦することをおススメします!

 


 

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編-安藤 達朗,‎ 山岸良二,‎ 佐藤 優-idobon.com

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編
安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)

Amazon.co.jpで見る 楽天で見る

 

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-日本史, 歴史
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編-安藤 達朗 (著),‎ 山岸良二 (監修),‎ 佐藤 優 (編集)-idobon.com

一気に学び直す日本史 近代・現代 実用編:教養編に続き良書

ややイデオロギー色が強いが、勉強になる 本書は、以前レビューした「一気に学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編」の続編です。(元々1冊の本を2冊に分けて改訂したものなので、厳密には続編というわけでは …

危機の指導者チャーチル-冨田 浩司-idobon.com

危機の指導者チャーチル:「ヒトラーから世界を救った男」の背景に迫る

現役の外交官が描いた、わかりやすいチャーチル解説本 日本で2018年3月末から公開されている映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」は、チャーチルが首相に選ばれて、これから首相とし …

地図で読む日本の歴史―歴史を動かした「重大事件」99 (知的生きかた文庫) -「歴史ミステリー」倶楽部 -idobon.com

地図で読む日本の歴史―歴史を動かした「重大事件」99:楽しく読める日本の歴史

スキマ時間のお供にどうぞ 実は私、歯を磨いたりトイレに入っている間に何か読みたい派です。そういう時は、気軽に読めるエッセイなどをよく読むのですが、ある時ずぼらな私は思いたちました。こうやって歯を磨いた …

こうして歴史問題は捏造される-有馬哲夫-idobon.com

こうして歴史問題は捏造される:「公文書」から見る歴史問題

「公文書」から見る歴史問題 「慰安婦問題」や「南京大虐殺」などのいわゆる歴史問題について、そのおかしい部分や、そのようなおかしい部分がなぜ出てくるのか、などについてわかりやすく解説してくれる本です。タ …

戦う北欧:抗戦か・中立か・抵抗か・服従か-武田龍夫-idobon.com

戦う北欧 抗戦か・中立か・抵抗か・服従か:類書なき良書

軍事力なしには平和も中立も守りえなかった悲壮の歴史 絶版して久しい本書ですが、読んであまりにも面白かったので、レビューさせていただきます!(アマゾンで簡単に中古本を購入できますしね♫ 良い時代です) …