人文・思想 哲学

保守主義とは何か:入門書としてうってつけ

投稿日:2018年10月19日

保守主義とは何か- 反フランス革命から現代日本まで-宇野 重規-idobon.com

保守主義を学ぶにはまずこの1冊から!

私は政治思想について専門的に学んだことはありませんが、長い間興味を持ってきました。保守主義についてもこれまでに何冊か本を読んできましたが、その中でも本書は内容・分量・わかりやすさ的に最も入門書として優れているのではないかと思います。

まず、何といっても薄い新書版であることですね。類書では『保守主義の精神』(ラッセル・カーク著)などがありますが、あちらは上下組で計800ページくらいあります。生半可な気持ちでは返り討ちにあいます(笑) こちらは200ページちょっとなので、気軽に読み進めることができます。

次に、本書は保守主義の中心的な思想家であるエドマンド・バークやフリードリヒ・ハイエクなどの主張をかみ砕いて非常にわかりやすく説明してくれている点が好印象です。私もバークやハイエクの著書を何冊か読みましたが、本書を読んですごく理解が深まりました(というか、本書の解説を読んで「あ、そういうことだったの?」と初めて理解できた部分も多々ありますw)

さらに、保守主義思想の中心であるイギリスやアメリカの思想家だけではなく、日本における保守主義の(もしくは類似の考え方をする)思想家についても解説してくれています。そしてこれからの日本の保守主義はどうあるべきなのかについての提言も行っており、考えさせられます。

保守的な思考をする方もそうでない方も、現在も一定の影響力を持っている保守主義を理解することは、決して無駄ではないと思います。個人的に、筆者独自の主張(これからの日本の保守主義にあり方など)には必ずしも賛成できない部分もありますが、解説の部分についてはとてもしっかりしていると思います。

なお、本書を読み終えたあとは、前述したカーク著『保守主義の精神』(近日レビュー予定)がおススメです。より一層理解が深まること請け合いです!


 

保守主義とは何か- 反フランス革命から現代日本まで-宇野 重規-idobon.com

保守主義とは何か- 反フランス革命から現代日本まで
宇野 重規

Amazonで見る 楽天で見る  

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-人文・思想, 哲学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保守主義の精神(上)-ラッセル・カーク-idobon.com

保守主義の精神(上・下):何度も繰り返して読みたい名著

保守主義について気合を入れて学びたい人に まず申し上げておきたいことは、本書は上下合わせて800ページ以上の大著だということです。(この私のように)生半可な気持ちで読み始めると途中で心が折れそうになり …

すごく頭のいい人の生活術-渡部昇一-idobon.com

すごく頭のいい人の生活術:読めば読むほど勉強したくなる

すごく読みやすい自己啓発本 本書は私が何度も何度も繰り返して読んでいるお気に入りの本です。一読目こそ真面目に(?)椅子に座って読んだものの、2読目以降はトイレで読みました(;^ω^) 気軽に読めるのも …

立派な父親になる-林道義-idobon.com

立派な父親になる:父親になる心構えを教えてくれる良書

読むと父親になる勇気がみなぎってくる 井戸本家にもうすぐ子供が生まれるあたり、私としても育児には積極的にかかわっていきたいと思っています。色々な書籍・雑誌を読んで、おむつの替え方や、お風呂の入れ方など …

やり抜く力 GRIT(グリット)-アンジェラ・ダックワース-idobon.com

やり抜く力 GRIT(グリット):私に足りなかったことを教えてくれた、何度も繰り返して読みたい本

「世の中で偉業を成し遂げる人々」の性質と傾向からインスピレーションを受けられる良書 生まれ持った才能や非凡な能力を過信する父親に「おまえは天才じゃない」と幼少時から言い聞かせられて育った著者のアンジェ …

読書論 (岩波新書) -小泉信三-idobon.com

読書論 (岩波新書) :何度も読み返したくなる、味わい深い読書論の古典

参考になるアドバイスも満載 私が読書に目覚めたのは20歳くらいなのですが(遅いですね💦)、その際に、どういう本を、どうやって読んだらいいんだろうか?という疑問にまず遭遇しました。そこで …