外国文学 小説 文学・評論 洋書

君のためなら千回でも(The Kite Runner):犠牲、裏切り、悔い改めのストーリー

投稿日:

The-Kite-Runner-Khaled-Hosseini-idobon.com

イスラム教の世界だけどすごく聖書的なストーリーだと思った

PR会社で働いていたころ、ある会社の社長のPRをする機会がありました。雑誌やオンラインメディアのインタビュー枠を取ってくる仕事だったのですが、その時一つ決まったのが雑誌PRESIDENTの「経営者の一冊」というコラム。経営者たちがおすすめする本を紹介するコラムです。

その時その社長がピックアップした中の一冊が、この本。結局コラムでは別の本を紹介することになったのですが、一応社長が挙げた本を全部読んでおこうと思って買っておいたんですよね。でも結局その時は最初のさわりしか読まず。先日実家に帰ったときに本棚で見つけたので、何気なく手に取って再び読み始めました。

そしたら、あの会社の社長がおすすめするだけあって、いい本!!でした。
もっと早くに読んでおけばよかった!

ストーリーはアフガニスタンのカブール(カーブルとも言う?)から始まります。裕福な家に生まれついたアミールと、その家の召使の子供として生まれたハッサン。二人とも母親をなくし、同じ乳母の乳を飲み、幼馴染として育ちます。

切っても切り離せないほど仲良しな二人でしたが、アミールはハッサンに対してどこか見下した態度を取ることがありました。ハッサンは召使だし、ハザラ人という少数民族で、アフガニスタンでは人種差別の対象だったからです。

そして12歳の凧上げ合戦の日に、アミールはハッサンのことを最悪な形で裏切ってしまいます。アミールはその先何十年も、その罪悪感に悩まされながら生きていくことになります。

読みながらハッサンの姿がキリストと重なった

この本の舞台はアフガニスタンで、イスラム教の特色が色濃く描写されています。ですが、私はこの本を読みながら非常に聖書的なストーリーだなと思いました。

ハッサンはアミールのために犠牲になります。アミールはハッサンがひどい仕打ちをしているのを目撃しておいて、知らないふりをしてしまいます。アミールはそのときのハッサンの目を「屠られる前の羊の目に似ている」と描写しています。

これは、聖書のイザヤ書53章7節にあるキリストの描写を思わせます。

彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれていく羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。

その事件の後、アミールは自分を守るために「ある嘘」をついてハッサンを追い出します。その時のシーンは、自分の罪を告白してしまえば楽になるのに、プライドが邪魔して決して口を開けない葛藤が痛ましく描かれています。そして嘘に気づいているにも関わらず、ハッサンはまたもやアミールを守ろうとします。

「こんな苦しみを引き起こすことが平気でできる人間に、ぼくはいつ、どうやってなったのだろう?」―p168(日本語版)

「ぼくなんか、この献身的な犠牲にふさわしくない人間なんだ。」―p169(日本語版)

このシーンは、私たちがキリストのはらった犠牲を受ける価値のない罪深い存在なのであるということが思い起こされます。

この後何年経っても自分を責め続け、不眠症を患うアミール。その後ある人からもらった一本の電話がきっかけで、再び償いをする機会が訪れます。

物語の後半では、もう罪が許されているのに、過去の自分を責め続ける信者の姿と重なります。アミールの罪の意識が痛々しくて心に突き刺さる思いでした。

アフガニスタンやイスラム教の文化的背景についても学べる

本書を通して、アフガニスタンの歴史や文化についても知る機会となりました。アフガニスタンは今まで何となく「危ないところ」というイメージしかありませんでしたが、ソ連アフガン戦争の前はとても平和で、西洋の影響を受けているところだったこととか、タリバンのことなども改めて調べてみたりもして、勉強になりました。

ハザラ人のこと、アメリカにあるアフガニスタン人コミュニティのことなども初めて知って、視野が広がりました。

 

ちなみに以前買ったのは上巻だけで、下巻があったことに気が付きませんでした^^;

次が気になってすぐに読みたかったので、キンドル版がある英語版を購入。後半からは英語で読みました(英語ができるとこういう時便利w)。英語版ではペルシャ語がところどころに出てきて読みにくく、たまに何を言ってるのかわかんないところも(笑)。日本語版の方が、日本語の意味の横にルビがふってある形だったので、比較的分かりやすいと思います。

とにかく、久々に読んだ後に何時間も考えさせられてしまう小説でした。世界中から大反響を受けただけある物語です。

映画版もAmazon Primeで見れます。本を読んだ後だと何だか物足りなかったですが、アフガニスタンの街並みが見れたり、凧上げってこんなにかっこよかったっけ?と思えて興味深かったです。


 

【英語版】

The-Kite-Runner-Khaled-Hosseini-idobon.com

The Kite Runner (英語)
Khaled Hosseini

Amazonで見る 楽天で見る

 

【日本語版】

君のためなら千回でも(上)-カーレド・ホッセイニ (著), 佐藤耕士 (翻訳)-idobon.com

君のためなら千回でも(上巻) (ハヤカワepi文庫) 
カーレド・ホッセイニ (著), 佐藤耕士 (翻訳)

Amazonで見る 楽天で見る

 

君のためなら千回でも(下)-カーレド・ホッセイニ (著), 佐藤耕士 (翻訳)-idobon.com

君のためなら千回でも(上巻) (ハヤカワepi文庫) 
カーレド・ホッセイニ (著), 佐藤耕士 (翻訳)

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外国文学, 小説, 文学・評論, 洋書
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビルマの竪琴-竹山道雄-idobon.com

ビルマの竪琴:人としての大切なものは何かを考えさせてくれる小説

読むと思わず胸が熱くなる 本書は、ビルマ(現在のミャンマー)を舞台に、第2次世界大戦中に派遣された日本の兵士の方々の、戦争中の様子から戦争後に帰国するまでの様子を描いたフィクションです。この物語は、昭 …

On China-Henry Kissinger-idobon.com

On China(邦訳タイトル:中国):重鎮キッシンジャー氏による長大な中国論

不満な点もあるが、面白い 本書の著者は言わずと知れた米国政治界の重鎮、ヘンリー・キッシンジャー氏です。キッシンジャー氏は大統領補佐官や国務長官を歴任し、1970年代の米中国交正常化にも当事者として深く …

星の王子さま (新潮文庫)-サン=テグジュペリ (著), 河野 万里子 (翻訳)-yumiid.com

星の王子さま:失った童心を取り戻せる

イタい大人になっていないか見直す機会に この本は子供向けの本のイメージが強いかもしれませんが、読むときの自分の状態によって感じ方が変わるので、大人になっても何かの折に何度も読み返したい本です。 結婚を …

お菓子とビール-モーム-idobon.com

お菓子とビール:男性が魅力的だと思う浮気女について女目線で読むと

30年後にまた読んでみたい本 亡くなった大小説家テッド・ドリッフィールドについて書いてくれと頼まれる主人公。亡きドリッフィールドのことを思い出しながら彼と知り合った16歳の時を回想する主人公も今は60 …

The Subtle Art Of Not Giving F**k-Mark Manson-idobon.com

The Subtle Art Of Not Giving F*ck:題名は強烈だが大切なことを学ばされる。細かいことを気にしてしまう人必読

2017年に読んだ中で最も影響を受けた本 タイトルにはかなりぎょっとさせられるのですが、汚い言葉遣いの反面、書いてあることは非常にまともで哲学的でした。 この本との出会いは、好きでよく見ているアメリカ …