キリスト教 宗教

日曜日部長は牧師になる:バブル期を生き抜いたタフなサラリーマン兼牧師

投稿日:2018年10月25日

日曜日部長は牧師になる-小形真訓-idobon.com

職場でも、教会の奉仕の中でも両方の場で成長と気付きがある

職業としての牧師でなかったからこその発見

積水化成の広報部部長としての仕事をこなしながら、日曜は大阪交野教会牧師としての説教、牧会奉仕を定年まで務めた著者、小形真訓さん。どのように牧師とサラリーマンの兼業をし、教会での奉仕分担をしたり、教会内で若い人を育てて行ったのかを知りたかった私にとっては少し内容が期待はずれでしたが、もっと広い意味で社会人として、クリスチャンとしてどの様に会社生活を営んで行くかについて知りたい人にはお勧めしたい一冊。どちらかといえば未信者の一般人向けに書かれていると思います。

弱肉強食の世界である会社で、クリスチャンの教えと、時には反する状況に面して葛藤を覚える社会人に、どのように考えてゆけば良いか、著者の経験を読みながら考えさせられます。クリスチャンで、新社会人になる人にも一読していただきたい本。

時には会社で良い子になりたい、一等生になりたいとの欲望を抑えて、ここではこの程度で、と割り切りことも必要だと教えられます。それが結果として昇給や社内評価に影響することだとしても。また、社内政治で必要と思われている同僚や上司との飲み会、取引先との接待やゴルフについては、その有効性自体を自答させられます。本当にそんなちまちました裏作業でライバルを蹴落として自分が生き残ろうと思っても、了見が狭いだけではないのか。本当にそれは効果的なのか。

私は大企業の部長ではないので、著者の話はあまり該当しないなと思いながら読み進めましたが、最後の方で著者の本音がうかがえます。やはり迷い、妬み、焦燥感はあったらしい。仕事にだけ打ち込んでおけば、という後悔。その葛藤に終止符がついたのかは分からないけれど、その正直さに、あぁこんなマルチタスキング出来る有能な人でも思い悩むんだ、ホッとしました。


 

日曜日部長は牧師になる-小形真訓-idobon.com

日曜日部長は牧師になる
小形真訓

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
妻の姉

妻の姉

歴史小説や古典、社会学系の本など、幅広く読む。ウエディングドレスデザイナーなのでファッション系の本も好き。妹以上にモノを増やしたくない派なので、本は基本的に図書館で借りる。2児の母。時には辛口レビューを書くこともある。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-キリスト教, 宗教
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで-深井 智朗-idobon.com

プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで:知らなかった宗教改革とその影響

手軽に読めてわかりやすいプロテスタンティズム入門書 ルターの宗教改革というのは、小・中学校の授業でも習うメジャーな出来事ですが、本書はそのあまり知られていない側面や、現代の政治に与える影響などを解説し …

The Reason for God: Belief in an age of scepticism-Timothy Keller-idobon.com

The Reason for God: キリスト教とは何か、神様とは何か、その疑問に寄り添ってくれる良書

クリスチャン、ノンクリスチャン両方におススメしたい 私は24歳の時にクリスチャンになりました。それではまったくキリスト教とは無縁の生活を送っていたのですが、大学卒業後にイギリスに留学してクリスチャンの …

The Bible and National Defense: What the Bible Has to Say About War and the Price of Our Freedom-Bob Yandian-idobon.com

The Bible and National Defense:クリスチャンとして国家の防衛をどう考えるべきか?

聖書と国防を考えるうえで貴重な本 さて、タイトルからして「そんな本誰が読むの?」と言われそうな本ですが、完全に自己満足としてレビューしたいと思います(笑) 聖書を読んだことのない人でも、「右の頬を殴ら …

キリスト教と戦争 (中公新書)-石川 明人-idobon.com

キリスト教と戦争:キリスト教はいかに戦争をとらえてきたかがわかる好著

キリスト教はいかに戦争をとらえてきたかがわかる好著 私自身クリスチャンであり、また、国際政治や安全保障に興味があります。そんな私の大好きなトピックが合体した、私にとっては1冊で2度おいしい(?)本です …