人文・思想 洋書

The Four Tendencies:ありそうでなかったタイプ別の対人関係指南書

投稿日:2018年1月24日

The Four Tendencies-Gretchen Rubin-idobon.com

ありそうでなかったタイプ別の対人関係指南書

メリッサ・グリッフィン(Melyssa Griffin)というオンラインマーケターのPodcastをよく聞いているのですが、そのゲストとして出演していたのが本書の著者グレッチェン・ルビン(Gretchen Rubin)

人々が良い習慣をつけるためにはどうしたらよいか、性格のタイプによって全くアプローチが異なることをPodcastで語っていたのが目からうろこで、本書を手に取りました。The Four Tendenciesとその名の通り、人々の性格の傾向を4つのタイプに分けて考えています。

そもそも仕事でもなんでも、人生には 外的期待(External Expectation)  内的期待(Internal Expectation) というものがあります。外的期待とは人から頼まれたことや任された仕事のことで、内的期待とは自分で作り上げる目標のこと。例えばダイエットの目標や、年始の抱負のようなものです。

そしてルビン氏は、この外的期待と内的期待にどのように反応するかで、人々のタイプが分けられるとしています。

Four Tendencyが主張する4つの性格タイプの意味

1.Upholder(アップホルダー。支持者、擁護者の意)
  外的期待にも内的期待にも応えられる。
  ⇒いわゆる優等生タイプ。人からの期待も難なくこなし、自分との約束も守る。


2.Questioner(クエスチョナー。質問者、尋問者の意)

  外的期待には応えられないが、内的期待には応えられる。
  ⇒自分の中で納得しないと動かない。


3.Obliger(オブライジャー。世話焼き人、サービスを提供する人の意)

  外的期待には応えられるが、内的期待には応えられない。
  ⇒人から頼まれたことはきちんとこなせるが、自分で決めたことは守れない。

 

4.Rebel(レベル。反逆者、反抗者)

  外的期待にも内的期待にも応えない。
  ⇒人から言われても、自分でやろうと決めても、どっちも無視したくなる。自分の気の向いたときに気の向いたことをやりたいタイプ。

 

私自身ヘルスコーチ&パーソナルトレーナーとして、健康的な習慣をつけたいのになかなか上手くいかないという方々から日々相談を受けます。

4つの傾向の中で最も多いのがObligerで、このタイプの人々は誰かが見ているとできるけれど、誰の運命もかかっていないことに対してはとことんできないのです。そして、ヘルスコーチやパーソナルトレーナーを最も必要とするのは、まさにObligerタイプなのです。なぜなら誰かに「見られていない」とできないからです。

 

自分のタイプはというと・・・

という私自身はどのタイプかというと、筋トレや健康習慣を長年続けられていたりするので、Upholderかなとちょっと思っていたのですが、本書の診断チェックリストによると私もObligerでした(笑)。

確かに私は、仕事や他人からの依頼に関しては必ずデッドラインを守るのに、自分でやろうと思ったことに対してはことごとくできないことが多々あります。

ちなみに4つのタイプの診断チェックリストは、ルビン氏のウェブサイトからも受けられます(英語ですが)。
https://www.surveygizmo.com/s3/3706759/Gretchen-Rubin-s-Quiz-The-Four-Tendencies

 

そしてObligerは、基本的に他人の期待に応えたいと思っているので、NOと言うのが苦手で、引き受けすぎていっぱいいっぱいになってしまうことがあります。それでときたま爆発するのです。

ルビン氏によると、これはobliger rebellion(オブライジャーの反乱)といって、このタイプの人々にはよく起こりうることなのだとか。

これは今までの自分の行動に対して、かなり腑に落ちる説明でした^^;

これからは反乱を起こさないように、自分のキャパを心得てNOと言うことをもっと学ぶ必要がありそうです。

 

ちなみにコーチや先生などにはUpholderが多いそうで、「なかなかやりたいと思っているのにできない」という人に対して「ただやればいい!動機が弱すぎる!」といった対応をしてしまい、全く刺さらないということが多々あるそうです。

私もコーチングをする上で、クライアントの傾向をよく観察して、その人に合ったコミュニケーションを取れるようにならなくてはなと学ばされました。

 

本書では、それぞれの傾向の人とどのように働くべきか、配偶者やパートナー、子供の場合はどう対応したらよいかといったことを事細かに説明してくれています。
特にマネジメント職の人、結婚関係、子育てに従事している人には必読書だと思います。

健康習慣もそうですが、みんなに当てはまること(one-size-fits-all approach)なんてないのだなと気づかされます。何よりも大切なのはそれぞれのタイプの傾向を尊重する姿勢なのではないでしょうか。

 


 

The Four Tendencies-Gretchen Rubin-idobon.com

The Four Tendencies: The Indispensable Personality Profiles That Reveal How to Make Your Life Better (and Other People’s Lives Better, Too)
Gretchen Rubin

Amazon.co.jpで見る Amazon.comで見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-人文・思想, 洋書
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

The Miracle Morning-Hal Elrod(ハル・エルロッド)-idobon.com

The Miracle Morning(邦題:モーニングメソッド):私の人生も朝の習慣で変わった

3年前に読んで朝の習慣を取り入れてから、かなり人生変わったと思う 2014年の終わりにあるポッドキャストを聞いていて、たまたま著者のHal Elrod(ハル・エルロッド)さんがインタビューされていたの …

知性の磨き方-林望-idobon.com

知性の磨き方:辛口かつユーモアあふれる論調で語る知性磨き

学問に、読書に、趣味に、あらゆる人に参考になる人生論 私のレビューをいくつか読んでいただいたことのある人はお気づきかもしれませんが(そんな方がどれだけいらっしゃるかはわかりませんが…(^^ …

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと-西原理恵子-idobon.com

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと:この本を中学生女子の課題図書にすべし

女として生きていくことのシビアな現実を教えられる本 漫画「ぼくんち」や「毎日かあさん」の作家、西原理恵子さんが若い女性に贈るメッセージの詰まった本。今年、女の子の親になったので、親目線も持ちつつ読ませ …

大学時代しなければならない50のこと-中谷 彰宏-idobon.com

大学時代しなければならない50のこと:大学時代を全力で有効活用するために

文字通りに受け取る必要はないけれど… 「○○時代にしなければならない●●のこと」という本はたくさん出ており、私はあまりこういう類の本は読まないのですが、例外的に本書は私が大学生時代(もう10年以上も前 …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …