外交・国際関係 社会・政治

マンガ 嫌韓流:素直に面白い

投稿日:2018年9月19日

嫌韓流-山野 車輪 -idobon.com

タイトルはやや過激ですが、内容は意外とマトモ?

本書は2005年に出版されたやや古い本(マンガ)ですが、久々に読み返してみて、やっぱり面白かったのでレビューすることにしました。

まあ、なんというか、まずタイトルですよね(笑)
嫌韓流!
直球過ぎてどこかアブナイ団体の扇動本のように見えます(^▽^;) しかし実際に読んでみると、やや画の描き方に偏見がこもっているように見えなくもないですが、内容自体はいたってマトモなのではないかとの印象を持っています。

本書のテーマは、表紙を見ればすぐにわかりますが(笑)、日韓のいわゆる歴史問題に焦点が当てられています。本書の主張は、マスコミ等でよく言われているような「日本は韓国に謝罪すべき」という立場ではありません。むしろそのような謝罪・補償はもはや一切必要ない、という立場を貫いています。そして、その根拠や論理の説明について、マンガとしてはかなり良心的に挙げられています。

正直、私は韓国の近代史を専門的に勉強したことはないので、本書に載っている情報が全て正しいかどうかの判断をできる立場にはありません。ですが、根拠となる情報についてはそのつど出典が示されていますので、相当程度信頼できる内容なのではないかと思います。その気になれば、出典元の資料を確認することもできますし(ズボラな私はもちろんそんなことはできていませんが…笑)

タイトルが若干過激ですが、マンガならではの読みやすさ、面白さもありますし、何より今はアマゾン等で中古本をかなり安く手に入れられるので、ぜひ軽い気持ちで手に取ってみてはいかがでしょうか。なお、本書の続編として、なんと『嫌韓流4』まで出ていますので、私もいずれ読んでみたいと思っています。


 

嫌韓流-山野 車輪 -idobon.com

マンガ 嫌韓流
山野 車輪

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外交・国際関係, 社会・政治
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる-原書房編集部 (翻訳)-idobon.com

民間防衛ーあらゆる危険から身を守る:ハウツー本にとどまらない奥深さ

スイス政府の気概に感服 本書は冷戦時代、スイス政府が全国の各家庭に1冊ずつ配られたとされる本です。戦争が起こったときのために平素からいかに備えるか、そしていざ戦争が起こった時にいかに対応するか、といっ …

分断されるアメリカ-サミュエル ハンチントン-idobon.com

分断されるアメリカ:アメリカの「分断」についての考えをひっくり返してくれる刺激的な書!

アメリカの「分断」についての考えをひっくり返してくれる刺激的な書!:分断されるアメリカ 昨年、トランプ大統領が就任する前後で文庫版で復刊され(最初の翻訳出版は2004年)、話題となった本書。著者は、『 …

嘘つきアーニャの真っ赤な真実-米原万里-idobon.com

嘘つきアーニャの真っ赤な真実:知らなかった東欧・中央の共産主義世界が読み取れる

少女時代をプラハのソビエト学校で過ごした米原万里さんの回想録 共産党員の娘としてうまれた米原万里さんは、父の仕事の関係で9歳~14歳プラハで過ごし、現地学校ではなくソビエト学校に通われます。この本は、 …

大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇-堀 栄三-idobon.com

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇:インテリジェンスから見る太平洋戦争の反省

インテリジェンスについて耳の痛いアドバイスが満載 本書は、太平洋戦争中、陸軍のインテリジェンス部門に勤務していた筆者が、インテリジェンスの観点から太平洋戦争を振り返る本です。平易な口調で語られる、読み …

米中もし戦わば-入門 論文の書き方-ピーター ナヴァロ (著),‎ 赤根 洋子 (翻訳)-idobon.com

米中もし戦わば:米中関係の知識整理にうってつけ

一見タイトルは激しいが内容はまとも 何とも刺激的なタイトルですね(^-^; しかも、著者がトランプ大統領の政策顧問であることから、内容もかなり刺激的な内容になっている。。。かと思いきや、本書で述べられ …