社会・政治 軍事

大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇:インテリジェンスから見る太平洋戦争の反省

投稿日:2018年7月27日

大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇-堀 栄三-idobon.com

インテリジェンスについて耳の痛いアドバイスが満載

本書は、太平洋戦争中、陸軍のインテリジェンス部門に勤務していた筆者が、インテリジェンスの観点から太平洋戦争を振り返る本です。平易な口調で語られる、読みやすい歴史回想録として楽しむことができるうえ、日本人が今後、インテリジェンスに向き合う際の教訓がちりばめられていて、読んでいて得する気分になれる本です(笑)

歴史回想録としては、著者は主に、

  • 開戦から2年がたつまで、陸軍に独立したインテリジェンス担当の部署がなく、情報部門が軽視されていたこと、
  • 海軍は大艦巨砲主義、陸軍は歩兵主力主義という前近代的な思想にとらわれ、制空権という概念を軽視したこと

など、日本軍の組織的、思想的欠陥などを挙げ、太平洋戦争の敗因を考察しています。戦前の陸軍で長く勤務し、戦後の自衛隊でもキャリアを積んだ著者ならではの、専門的な軍事知識を駆使しつつ、一般の読者にもわかりやすい、読ませる文章となっているのは圧巻です。

また、筆者は、戦争という文脈から離れて、インテリジェンス一般への向き合い方についても、鋭い指摘を次々と述べています。いくつか例を挙げますと、

情報はまず疑ってかからねば駄目である。疑えばそれなりに真偽を見分ける篩(ふるい)を使うようになる(P53)

 

情報の仕事は職人のそれのようなものである。教えてくれと言っても教えてもらえないし、専門の教科書があるわけでもない。ただ自分がこれを天与の仕事と思って取り組んだときに初めて、経験者の体験が耳に入り、それを咀嚼し仕事に活かし、上司の片言隻句から自分で自分を育てていく以外にない。(P165)

 

情報の任に当たる者は、「職人の勘」が働くだけの平素から広範な知識を、軍事だけでなく、思想、政治、宗教、哲学、経済、科学など各方面にわたって、自分の頭のコンピューターに入力しておかなければいけなかった(P260)

私自身、仕事で情報分析を担っている立場ですので、本書を読んで大いに感化され、特に、最後に引用したアドバイスである、平素から様々な知識をインプットしておく重要性については、読むたびに刺激されています。もっと読書しなきゃ!(`・ω・´)

元軍人による太平洋戦争の回顧録は数多くありますが、本書はその中でも読みやすく、現代的な教訓も多く引き出せる点でおススメです!


 

大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇-堀 栄三-idobon.com

大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇
堀 栄三

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-社会・政治, 軍事
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Strategic Asia 2017-18 Power, Ideas, and Military Strategy in the Asia-Pacific-Ashley J. Tellis-idobon.com

Strategic Asia 2017-18: Power, Ideas, and Military Strategy in the Asia-Pacific:東アジアの安全保障の全体像がつかめる1冊!

専門書だけど割と楽しく読めてしまう 本書は、アメリカのNational Bureau of Asian Research という、アメリカにおけるアジア研究の重鎮ともいえるシンクタンクが、毎年12月に …

嫌韓流-山野 車輪 -idobon.com

マンガ 嫌韓流:素直に面白い

タイトルはやや過激ですが、内容は意外とマトモ? 本書は2005年に出版されたやや古い本(マンガ)ですが、久々に読み返してみて、やっぱり面白かったのでレビューすることにしました。 まあ、なんというか、ま …

The Hundred-Year Marathon: China's Secret Strategy to Replace America As the Global Superpower Michael Pillsbury-idobon.com

The Hundred-Year Marathon(邦題:China 2049): 日本にとって本当の脅威は何かを教えてくれる本

北朝鮮よりも恐ろしい中国 中国という国は本当に恐ろしい…というのが、率直な読後感でした。いえ、別に中国の人が個人的に恐ろしいというわけではないのですが(^^;)、国家としてのビジョンの大きさ、そして、 …

名著で学ぶ戦争論-石津 朋之-idobon.com

名著で学ぶ戦争論:気軽に読める戦争論入門

ワクワクさせてくれる格好の入門書 その名のとおり、戦争や安全保障に関する名著を紹介する本ですが、セレクションが古今東西そろっていて、勉強になります(*^^*) 昔はトゥキディデスの『戦史』や『孫子』、 …

民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる-原書房編集部 (翻訳)-idobon.com

民間防衛ーあらゆる危険から身を守る:ハウツー本にとどまらない奥深さ

スイス政府の気概に感服 本書は冷戦時代、スイス政府が全国の各家庭に1冊ずつ配られたとされる本です。戦争が起こったときのために平素からいかに備えるか、そしていざ戦争が起こった時にいかに対応するか、といっ …