社会・政治 軍事

安保論争:どのように平和を保っていくべきか考えさせられる一冊

投稿日:

安保論争-細谷 雄一-idobon.com

安全保障を冷静に考えるためにおススメしたい本

本当に中身の詰まった、勉強になる本だなあというのが、読み終わったときの率直な感想です。本書は、2015年に安保関連法が成立した約1年後に出版された本ですが、安保関連法だけでなく、より根本的に、我が国の、そして世界の平和をいかにして保っていくのか、そのために日本は何をすべきなのか、ということなどを議論しています。

歴史的に、「力の空白」や「パワーバランスの変化」などにより戦争が繰り返されてきたという現実を前提にすれば、将来の平和を保っていくためには、「平和」を叫び、祈るだけでは十分ではない、と筆者は主張しています。東アジアで言えば、アメリカの軍事力の削減による「力の空白」を防ぐために、日本も十分な防衛力を保持する必要があるし、ルールや法の支配に基づいた国際秩序を確立するために、日本も積極的に貢献していくことが必要である、と説いています。

特に、本書の中で、私的に一番ズンと衝撃を受けたのが、憲法9条の「平和主義」などを主張することにより、世界平和を確保できる、との主張に対する、以下の筆者の指摘です。少し長いですが、引用します。

 自らの善意、自らの憲法、自らの政策こそが正義であり、また独立変数であって、それらによってこそ世界平和が確保できると考えることは、安全保障政策をめぐる自国中心的な「天動説」である。他国には他国の国内政治的な論理があり、政策があり、歴史がある。他国が安全保障政策を展開する際に、日本の憲法九条の平和主義の理念や、安保法制を見て、それだけを理由にして重たい政治的決断を行うと考えることは、あまりにも非現実的である。(p.152)

確かに、平和を願うことは重要ですが、それを現実として達成・維持していくために、日本は何をすべきなのかということを、もっと冷静に議論する必要があるのだろうと考えさせられました。

本書は、国際関係の歴史的考察や、日本の取るべき政策に加え、2015年の安保関連法についても、憲法や国際法との関係を含めて議論されており、この一冊で、安全保障についての様々な側面を学ぶことができます。

最後に、巻末には、安保関連法、安全保障政策、憲法と国際法などについての文献案内があり、また、本書とは主張を異にする文献も含めて掲載されているのも好感が持てます。以前レビューした『北朝鮮入門』と同じく、本書を出発点として、またいろいろな本を買ってしまいそうな気がします(^^;)

本当に中身が濃く、それでいて冷静かつわかりやすく議論が展開されているため、また読み返したい、と思わせてくれる本です。日本の安全保障に関心のある方には、ぜひおススメしたい1冊です。

 


 

安保論争-細谷 雄一-idobon.com

安保論争
細谷 雄一

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-社会・政治, 軍事
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

On China-Henry Kissinger-idobon.com

On China(邦訳タイトル:中国):重鎮キッシンジャー氏による長大な中国論

不満な点もあるが、面白い 本書の著者は言わずと知れた米国政治界の重鎮、ヘンリー・キッシンジャー氏です。キッシンジャー氏は大統領補佐官や国務長官を歴任し、1970年代の米中国交正常化にも当事者として深く …

The China Challenge: Shaping the Choices of a Rising Powe Thomas-J. Christensen-idobon.com

The China Challenge: Shaping the Choices of a Rising Power:日本語訳がないのが惜しいくらい良書

The China Challenge: Shaping the Choices of a Rising Power 学問と実践に裏打ちされた冷静な中国論 ここ10年くらい、中国に関する本は巷にあふれ …

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略-平松茂雄-idobon.com

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略:中国の政治・軍 事に興味のある方は必読の研究論

読むと勉強したい気持ちが湧いてくる 著者である平松茂雄氏は、多くの中国の軍事関係の専門書を出されていますが、本書は一般向けに書かれており、専門知識がなくてもストレスなく読むことができます。 本書は、著 …

嫌韓流-山野 車輪 -idobon.com

マンガ 嫌韓流:素直に面白い

タイトルはやや過激ですが、内容は意外とマトモ? 本書は2005年に出版されたやや古い本(マンガ)ですが、久々に読み返してみて、やっぱり面白かったのでレビューすることにしました。 まあ、なんというか、ま …

新版北朝鮮入門-礒﨑 敦仁, 澤田 克己-idobon.com

新版 北朝鮮入門:「北朝鮮問題」の格好の入門書!

「北朝鮮問題」について知りたければまずこれを読むべし 金正恩の満面の笑顔がまぶしい本書の表紙ですが、内容はいたってまともです(笑) 仕事の関係で北朝鮮のことを調べる必要があり、いろいろと読み漁ってみた …