レシピ本 家庭医学・健康

からだにおいしい野菜の便利帳:こりゃ本当に便利だ

投稿日:2018年11月12日

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)-板木利隆-yumiid.com

家庭に一冊置いておきたい野菜図鑑

私は普段、加工品をなるべく食べないようにしていて、食事は野菜や肉や魚や卵を中心に、自然の食材を食べるようにしています。英語圏だとホールフーディストって言うやつです。

家庭菜園が趣味だった母の元で育ったので、野菜をたくさん食べるのがとにかく好きなワケです。そして健康にこだわりだしてから、野菜の一つ一つにいったいどんな栄養素が含まれているのかが気になるようになりました。そこで手にしたのが本書。

野菜の図鑑のようなフルカラーの本なのですが、基本的な栄養素、美味しい食べ方、旬の季節、そしてプチレシピまで載っているんです。ピーマンの切り方や、ごぼうの皮の扱い方、玉ねぎのみじん切りの仕方などなど、料理教室じゃないと教えてくれなそうな野菜を美味しく食べるコツがもりだくさんです。

最初から最後まで読み切るのではなく、ある野菜が気になったときにパラパラとページをめくる、といった使い方が適しています。紹介している野菜は、実、根菜類、葉野菜、海藻類、きのこ、山菜、そして果物やハーブまで。見たことのない野菜も載っていて、かなり目からウロコです。

人参の原産地がアフガニスタンだとか、ニラは古事記や万葉集にも出てくるくらい昔から親しまれているとか、野菜のプチうんちくも面白い。プチレシピも、数行で説明できるくらいのものなので、カンタンなのに美味しい!色々この本から野菜を美味しく食べるコツを学ばせていただきました。

健康的な食生活をしようと思ったら、自分で料理できるようになることは不可欠。普段何気なく食べている野菜が、体にどういいのか知ることで、もっと野菜を食べるのがもっと楽しくなってきますよ。家庭に一冊置いておきたい野菜百科です。


 

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)-板木利隆-yumiid.com

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)
板木利隆

Amazonで見る 楽天で見る
The following two tabs change content below.

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-レシピ本, 家庭医学・健康
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

風邪の効用-野口晴哉-idobon.com

風邪の効用:70年以上活躍した整体師の知見が詰まった本

科学的には説明しきれない身体の神秘を解き明かす長年の知見 妊娠してから風邪を引きやすくなってしまいました。それも一度引くと治りにくい。お腹の中の人に栄養をとられてしまっているから致し方ないのですが、人 …

女の運命は髪で決まる-佐藤友美-idobon.com

女の運命は髪で決まる:今すぐ美容院を予約したくなる本

女の見た目は顔が半分、髪が半分 女の評価が百点満点だとすると、50点が顔、残りの50点が髪で決まる。こう言い切ってしまう著者。面白い考えだと思い、読み進めると、一理あると思いました。 例えば、 ・ 人 …

ママと赤ちゃんのぐっすり本-idobon.com

ママと赤ちゃんのぐっすり本:寝かし付けに何時間もかかって困っているパパママにおすすめ

完全にこの本通りには実行できてないけど、考え方はすごく参考になった 「大好きだよ、おやすみ。と言ったらすんなり寝るようになった」というPR文にひかれて、つい手に取ったこの本。 娘は生後2ヶ月で、5〜6 …

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌-辨野義己-idobon.com

大便通:便秘に悩む全ての人に読んでもらいたい

この本の通り実践すれば長年の便秘解消も夢じゃないかも 大便について数多くの著書を出す辨野義己(べんのよしみ)博士による本書は、便について知っておくべきことや、便にまつわるトリビア満載。便の研究をしてい …

老けない人はやめている-オーガスト・ハーゲスハイマー-idobon.com

老けない人はやめている:サクッと読める健康入門書

サクッと読める健康入門書 よく健康に興味を持ち始めると、「塩分を減らしてがんを治す!」とか「腰を回せば病気知らず!」のような、タイトルだけは激しいのに内容は薄っぺらい本が目につきますよね。 著者オーガ …