スポーツ 家庭医学・健康 筋トレ

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか:仕事のパフォーマンスアップのために筋トレをすべきという考え方に激しく同感

投稿日:2018年1月18日

妻の第一弾も・・・

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか-山本ケイイチ-idobon.com

じゃん!筋トレ関係の本です。
この夫婦どんだけ筋トレ好きや~って感じですよね、はい。
お察しの通り大好きです(笑)

仕事のパフォーマンスアップのために筋トレをすべきという考え方に激しく同感

見た目のために筋トレを始める人が多い中、仕事のパフォーマンスアップのためにも筋トレをすべきという山本ケイイチさんの考え方には激しく同意。
私自身4年間も毎朝の筋トレを続ける中で、一番変化を感じるようになったのが、精神面での成長です。

トレーニングを習慣化してから、気分が安定して、一日を通して集中力が持続できるようになりました。また、トレーニングのつらさに耐えているので、ストレスに強くなり、ここぞというところで無理が効くようになりました。

この本では、「筋肉はビジネススキル」と言っているのが最高にかっこいいです。

現に、筋トレが脳のパフォーマンスアップに貢献するということは、科学的にも証明されているからです。私がCEOだったら、もはや筋トレをしていない人を雇いたくない(笑)。

ビジネスエグゼキュティブや社会的に影響力のある人たちを長年トレーニングしてきた山本さん。そういった人たちのトレーニングや精神面で共通する点を、この本から学ぶことができます。

また、年代に合せたトレーニング方法、気を付けたい点も丁寧に解説されています。

私もトレーニングは一生続けていきたいので、モチベーションを保ち続けるためにも何度も読み返したい本です。

 


 

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか-山本ケイイチ-idobon.com

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本 ケイイチ

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-スポーツ, 家庭医学・健康, 筋トレ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌-辨野義己-idobon.com

大便通:便秘に悩む全ての人に読んでもらいたい

この本の通り実践すれば長年の便秘解消も夢じゃないかも 大便について数多くの著書を出す辨野義己(べんのよしみ)博士による本書は、便について知っておくべきことや、便にまつわるトリビア満載。便の研究をしてい …

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ-ポール・ウェイド - idobon.com

プリズナートレーニング:自重力トレーニングへの誘い

記念すべき第一弾レビューは… 「プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ」です!   トレーニングの目標にすべきところを明確にしてくれた指南書「プリズナートレーニング …

女の運命は髪で決まる-佐藤友美-idobon.com

女の運命は髪で決まる:今すぐ美容院を予約したくなる本

女の見た目は顔が半分、髪が半分 女の評価が百点満点だとすると、50点が顔、残りの50点が髪で決まる。こう言い切ってしまう著者。面白い考えだと思い、読み進めると、一理あると思いました。 例えば、 ・ 人 …

風邪の効用-野口晴哉-idobon.com

風邪の効用:70年以上活躍した整体師の知見が詰まった本

科学的には説明しきれない身体の神秘を解き明かす長年の知見 妊娠してから風邪を引きやすくなってしまいました。それも一度引くと治りにくい。お腹の中の人に栄養をとられてしまっているから致し方ないのですが、人 …

Sleep Smarter-Shawn Stevenson-idobon.com

Sleep Smarter(邦題:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術):今すぐ寝なきゃ損と思わせてくれる良書

私の師匠の貴著です ポッドキャストのヘルス・カテゴリーでNo.1を誇るModel Health Showのホスト、ショーン・スティーブンソン(別名:私の師匠)の著書。ショーンとの出会いがなければ、今の …