英語 語学

快読100万語!ペーパーバックへの道:多読だけにとどまらない、トータルな英語学習書

投稿日:2018年6月6日

快読100万語!ペーパーバックへの道-酒井 邦秀-idobon.com

本当にこれで英語の本が読めるようになった

私は大学時代、英語の勉強に燃えておりました。海外の大学院留学を目標にしていたこともありますが、実は、「電車とかカフェとかで英語のペーパーバックの本なんて読んでたらカッコいいだろうなあ~(ぐへへ)」などという、極めて浅ましい理由も結構なウェイトを占めておりました(笑)。英語力をつけるというのは大前提ですが、早く英語の本を読めるようになる、ということが、当時の最大の目標となっていました。

しかし、大学の英語の授業もちゃんとこなして、TOEFLなどの試験でもそこそこの点数が取れるのに、なかなか英語の本を読めるようにはなりませんでした。何しろ、大学のテキストなどに比べて、実際の本の圧倒的な分量に圧倒されることと、中身も部分的には理解できるものの、読み進めていくうちに何が何だか分からなくなってくるのです。単語帳やテキスト勉強しているのに、その先に進めない、という状態で大学時代の最初の2年間くらいを過ごしていました。

しかし、本書との出会いでそんな悩みは解消されました!\(^o^)/ 
最近では、多読に関する本・雑誌が増えてきていますが、2002年に出版された本書がベストではないかと思います。

多読の効用についてから始まり、
・何を
・どれくらい
・どのように
読んだら英語の本を読めるようになるか、ということを詳しく解説してくれています。

本書を一読すれば、「自分もこの通りにやれば、英語の本を読めるようになれるんだ!」という自信が与えられます。実際に私は、本書のとおり多読を初めて半年ちょっとで、ペーパーバックの小説を読めるようになりました。現在では、念願のカフェでのペーパーバックの読書を思う存分楽しんでいます( ̄ー ̄)ニヤリ ←本当はペーパーバックよりハードカバー派

また、本書の良いところは、多読だけではなく、リスニング、スピーキング、文法などについての勉強法についてもアドバイスがされていることです。本からの影響を受けやすい(単純?)な私は、リスニングや文法についても本書のとおりに勉強を進めた結果、その後の海外の大学院生活において、大いに役に立ったと実感しています。

タイトルこそ「多読」と銘打っているものの、それにとどまらないトータルな英語学習書として、英語力をつけたい人、留学を考えている人、電車やカフェなどでかっこよく英語の本を読みたい人(ぐへへ)など、幅広い方におススメしたい一冊です!


 

快読100万語!ペーパーバックへの道-酒井 邦秀-idobon.com

快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

Amazonで見る 楽天で見る  

 

The following two tabs change content below.
夫

国際関係、政治、哲学、古典に関する本が大好物。読書は絶対紙派(電子はちょっと苦手なのです…)。アコースティックギターが趣味で夜な夜な練習にいそしんでいる。ツンツンヘアがトレードマークで、ヘアカットをするときのお決まりの注文は「横と後ろはバリカンでトップは短く」。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-英語, 語学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聴読中国語-津田 量-idobon.com

聴読中国語:中国語を本気で究めたい方に

コストパフォーマンス抜群の上級者向け教則本 英語学習者の方々には、「速読英単語」のような文脈で単語を覚えるタイプの参考書を愛用された方も多いのではないでしょうか。私も「速読英単語」のほかに、「英単語・ …

国民的中国語教本 ときめきの上海-相原 茂-idobon.com

国民的中国語教本 ときめきの上海:中国語初級者におススメしたい1冊

楽しんで勉強できる タイトルにやや時代を感じますが(笑)、本書はいたって真面目な中国語の教材です。うら若き乙女が自分の将来に悩んだ末に上海に行き、中国語の勉強やいろいろな人との出会い、そして恋愛などを …

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書-相原 茂-idobon.com

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書:中国語の文法はこれ1冊でOK!

脱・初級者への必殺本 本書は、著者の言うとおり、中国語学習における「さまよえる初級者」のために最適の本だと思います。中国語の基礎(発音、ピンイン等)を習い、簡単な文章も大体理解できるようになって、さて …