妊娠・出産 短編小説

産む、産まない、産めない:出産や子育てにまつわるいろんな人の考え方を垣間見れる短編小説

投稿日:2018年3月25日

産む、産まない、産めない-甘糟りり子-idobon.com

出産や子育てにまつわるいろんな人の考え方を垣間見れる短編小説

これも妊婦の友達がオススメしてくれた本の一冊。
短編小説になっていて、産みたいけど妊娠できない女性、四十代でバリキャリだけど未婚で妊娠してしまう女性、せっかく妊娠したのに流産してしまう女性、女性開業医と結婚して自分が育休を取ることになった男性、などなどいろいろな人のストーリーが詰まっています。

私自身は、女性である以上子供は産んで育てたいなぁと思ってきたタイプですが、仕事も頑張ってきたので全く欲しくない人の気持ちも分からなくないです。特に子供ができてしまったら人生が子供一色になってしまうんじゃないかという不安とか、所かまわずぴーぴーぎゃーぎゃーいう子供にイラっとせずに冷静にいられるのか自分!とか・・・

一方で、子供はぐずぐずする生き物だし、私たち大人も、みんなそんな風に誰かに迷惑をかけながら大きくなったのだから、「子供なんて嫌い」と堂々と言えてしまう主人公の桜子さんはちょっと自己中だなと思ってみたりもするのでした。

出産や子育てについては、皆いろいろな意見を持っているものなので、多種多様な考え方を知るという意味では本書は面白いです。

一つ一つのストーリーが若干つながっているのも読みどころです。例えば、なかなか妊娠できない重子さんが通う不妊治療のクリニックが、育休を取ることになった男性のストーリーに出てくる奥さんの女性開業医だったり。重子さんとバリキャリ未婚妊娠のストーリーに出てくる桜子さんが親友だったり。

でも、短編小説だからしょうがないのかもしれないけど、ストーリーの展開が妙に早いです。もうちょっとじっくりとした描写があってもいいのにな、と思う展開が多々あり。短い中にいろいろ詰まっているのが短編小説の面白いところなのかもしれませんが。


 

産む、産まない、産めない-甘糟りり子-idobon.com

産む、産まない、産めない
甘糟りり子

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-妊娠・出産, 短編小説
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きみは赤ちゃん-川上未映子-idobon.com

きみは赤ちゃん:女性はもちろんパパになる男性に読んでほしい

妊娠出産を経験する女性の心の中がのぞける 作家の川上未映子さんの妊娠・出産・育児のリアルな体験記録。私も妊娠5カ月に入ったくらいのころにこれを読んだので、とっても共感できるところもありつつ、ぬぉおおこ …

脂肪のかたまり-モーパッサン-idobon.com

脂肪のかたまり:フランス文学入門に必読。さらりと読める短編

普仏戦争を背景にひとりの娼婦を描いた辛辣で皮肉な物語 以前何件かレビューを書いたバルザックとも匹敵するほど多数の小説を生み出したモーパッサンの処女作。「脂肪のかたまり」はこの短編小説に出てくるフランス …

大丈夫やで 〜ばあちゃん助産師(せんせい)のお産と育児のはなし〜-坂本フジエ-idobon.com

大丈夫やで:出産直前に読んで泣いた

66年の経験を持つ助産師さんの不朽の知恵 戦前から66年間、まだまだ(執筆時点で)現役として活躍している87歳の助産師さんの書いた本。妊娠から育児まで、4000人以上の赤ちゃんを取り上げてきたからこそ …

82年生まれ、キム・ジヨン-チョ・ナムジュ (著), 斎藤 真理子 (翻訳)-idobon.com

82年生まれ、キム・ジヨン:韓国の女性の生きづらさを描いた100万部突破のベストセラー

韓国での女性の扱いは日本のバブル時のよう 韓国人と日本人のハーフの娘を持つ友人が、旦那さんに勧められて読んだというので、私も興味を持って読んでみました。 本書は韓国ではベストセラーになっています。 ス …

そういうふうにできている-さくらももこ-idobon.com

そういうふうにできている:ちびまる子ちゃんの作家の妊娠体験記

妊娠をきっかけに、友人が妊娠にまつわる本を大量に貸してくれました。その中の一冊「そういうふうにできている」は、ちびまる子ちゃんの作家であるさくらももこさんの妊娠体験を綴ったエッセイ。 1995年に書か …