エッセー・随筆 妊娠・出産

そういうふうにできている:ちびまる子ちゃんの作家の妊娠体験記

投稿日:2018年3月19日

そういうふうにできている-さくらももこ-idobon.com

妊娠をきっかけに、友人が妊娠にまつわる本を大量に貸してくれました。その中の一冊「そういうふうにできている」は、ちびまる子ちゃんの作家であるさくらももこさんの妊娠体験を綴ったエッセイ。

1995年に書かれた本だけれども、妊婦の通る苦労というのは時代を超えて共通するものがあるのだなとちょっと安心させられました。というのは、私の妊娠体験がさくらさんの妊娠体験とかなり被るところがあるのです。

・いわゆる吐き気を催すつわりはないけれど、初期は情緒不安定な時があった
・4か月目のとある日を境目に気分がカラっと晴れた
・身長も元の体重も、5か月時点での体重の増え方も同じ
・元々最高に快便タイプなのに妊娠で頑固な便秘を経験した
・とにかく体が痒い

などなど、似ているところが結構あって、自分が経験していることも正常な妊娠体験の一部なのだなと安心させられました。

この本では妊娠前から出産後に至るまでの、さくらさんの気持ちの変化などがつづられているのですが、特に「便秘」のエピソードには爆笑させられました。ちょっと汚い話だけど、肛門に詰まった便を擬人化して絵にしたりと、たかが便秘をここまで面白くかけるのはさすがのちびまる子ちゃんの作家ならでは。

さくらさんは帝王切開で出産されるのですが、その時の「手術」の体験談も興味深い。部分麻酔でお腹を切られているときに、意識がもうろうとするなか、魂・脳・心の関係について考える場面があります。
印象に残ったのが、「魂」はいわゆる「意識」で、つまりエネルギーであるということ。そして「脳」は肉体の一部だけど、「心」は実在するものではなく、「意識が脳を使用している状態」であるということ。

私はクリスチャンとして「魂」についてよく考えることがあるけれど、この3つの関係については考えたことがありませんでしたが、このさくらさんの説明には腑に落ちるものがありました。

ちびまる子ちゃんやコジコジの作家さんとしてしか知らなかったのですが、幼いころから親しんでいた作品の背景にはこんな体験があったのねー、と面白く読ませていただきました。
妊娠中だったり出産を控えている人には、共感できるところの多い本です。


 

そういうふうにできている-さくらももこ-idobon.com

そういうふうにできている
さくらももこ

Amazonで見る 楽天で見る

 

 

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-エッセー・随筆, 妊娠・出産
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美しく怒れ-岡本太郎-idobon.com

美しく怒れ:ハッとさせられるところの多い本。日本人が忘れがちな大切な視点を教えてくれる

岡本太郎さんに叱られて人生を見つめなおそう 20世紀を生きた芸術家、岡本太郎さんが日本人の生き方について熱く物申す本です。 この本は2011年初版ですが、岡本太郎さんは96年没。それ以前に太郎さんによ …

きみは赤ちゃん-川上未映子-idobon.com

きみは赤ちゃん:女性はもちろんパパになる男性に読んでほしい

妊娠出産を経験する女性の心の中がのぞける 作家の川上未映子さんの妊娠・出産・育児のリアルな体験記録。私も妊娠5カ月に入ったくらいのころにこれを読んだので、とっても共感できるところもありつつ、ぬぉおおこ …

産む、産まない、産めない-甘糟りり子-idobon.com

産む、産まない、産めない:出産や子育てにまつわるいろんな人の考え方を垣間見れる短編小説

出産や子育てにまつわるいろんな人の考え方を垣間見れる短編小説 これも妊婦の友達がオススメしてくれた本の一冊。 短編小説になっていて、産みたいけど妊娠できない女性、四十代でバリキャリだけど未婚で妊娠して …

生まれつき美人に見せる-吉川康雄-idobon.com

生まれつき美人に見せる:男目線で書かれた、女子には新鮮なメイク本

初めてメイクをしたときのワクワク感をもう一度 この本、メイクの本なのに写真や図解が殆どありません。文章で、読み手の想像力を掻き立て、メイクさせる。ハウツー本ではなく、メイクについてどう考えたら良いか、 …

大丈夫やで 〜ばあちゃん助産師(せんせい)のお産と育児のはなし〜-坂本フジエ-idobon.com

大丈夫やで:出産直前に読んで泣いた

66年の経験を持つ助産師さんの不朽の知恵 戦前から66年間、まだまだ(執筆時点で)現役として活躍している87歳の助産師さんの書いた本。妊娠から育児まで、4000人以上の赤ちゃんを取り上げてきたからこそ …