外国文学 小説 文学・評論

お菓子とビール:男性が魅力的だと思う浮気女について女目線で読むと

投稿日:

お菓子とビール-モーム-idobon.com

30年後にまた読んでみたい本

亡くなった大小説家テッド・ドリッフィールドについて書いてくれと頼まれる主人公。亡きドリッフィールドのことを思い出しながら彼と知り合った16歳の時を回想する主人公も今は60歳ぐらい。これを書いている私は30台中盤ですが、また30年後に読んでどのように感じるか書き留めてみたいと思いました。

16歳の若さあふれる、初々しい無知さを感じ、また60歳の年齢を重ねることから得られる人間観察の結果や、知恵を読みとることが出来ます。

「人は年齢を重ねるにつれ、人間の複雑さ、矛盾、不合理をますます意識するようになるものだ。」―p217

この作品の本当の主役はドリッフィールドでもなく、主人公にドリッフィールドについて書くようにと頼むロイでもなく、ドリッフィールドの最初の妻、ロウジーだと思います。
主人公は浮気者だけど快活でいやらしくなく、不思議な存在であるロウジーを魅力的に描きます。

読み終わって考えたことは、ロウジーは主人公が言うほど、客観的にイイ女だったのか。それともロイやドリッフィールドの二人目の堅実な妻が言うように浮気で下品な娼婦だったのか。

女性として、私は後者に同意せざるを得ないと思います。主人公の夢見るようなロウジーについての記述からも、ところどころロウジーが品がなく、傷ついた心を癒すために色んな男と関係を持っていたことが分かるような箇所が垣間見れます(多くの浮気女がそうであるように)。

美しい黄金の髪の毛と素晴らしい肌を持ちながらも、歯は汚かったところや、髪を掻く変な癖があったこと、極め付けは、ロウジーがドリッフィールドと出会う前から、そして結婚した後もずっと関係を持ち続けていたジョージ殿と駆け落ちしたこと。このまた下品で低俗な男(それは主人公も同意見であるらしい)を最終的には選び、心からイイ男だと信じていたロウジー。それに彼女の本性を見出せる気がします。そんなロウジーでも、20歳の主人公、そしてその他多数のロウジーの愛人にはミロのヴィーナスのような存在だったらしい。その二面性の描写がとても巧みです。

「お菓子とビール」はちょっとした人生の良いもの、という意味だそうです。モームは自分自身の若き日の思い出を回想して、ドリッフィールドとの絶え間ない日々、それを通して開けていった、田舎牧師だった叔父には無縁な人たちとの繋がり、そしてロウジーとのロマンスを懐かしくて楽しい青春の思い出として描いたのではないでしょうか。


 

お菓子とビール-モーム-idobon.com

お菓子とビール
モーム

Amazonで見る 楽天で見る  

The following two tabs change content below.
妻

体や栄養に関するマニアックな本、経済・投資関連の本、社会学系の本が好き。モノを増やしたくないので本はできる限りデジタルにしたいと思っている。ミステリー&サスペンス系の小説が好きだが、はまり込むと家事や仕事をおろそかにするのでたまにの楽しみにしている。
▼ブログランキング参加中。クリック応援お願いします♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

-外国文学, 小説, 文学・評論
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラマーゾフの兄弟-ドストエフスキー-idobon.com

カラマーゾフの兄弟:真実を語ること。それが善に繋がる

何度も読み返すべき良書。その度、新しい教訓を得られる ドストエフスキーの超有名長編小説、カラマーゾフの兄弟。ようやく通読しました。5巻に至るこの小説、光文社の古典新訳だからこそ読み終えることが出来たと …

騎士団長殺し 村上 春樹

騎士団長殺し:日常の中に非日常が現れる村井春樹ワールド

お決まりの春樹パターンは健在だけど、相変わらず引き込まれる 「騎士団長殺し」というタイトルからして、最初はバイオレントな歴史ものかなと思っていたのですが、全然違いました。 主人公は、妻に裏切られた孤独 …

ビルマの竪琴-竹山道雄-idobon.com

ビルマの竪琴:人としての大切なものは何かを考えさせてくれる小説

読むと思わず胸が熱くなる 本書は、ビルマ(現在のミャンマー)を舞台に、第2次世界大戦中に派遣された日本の兵士の方々の、戦争中の様子から戦争後に帰国するまでの様子を描いたフィクションです。この物語は、昭 …

1Q84-英語版-村上春樹-idobon.com

1Q84:今まで読んだ春樹本の中で一番面白かった

私の2015年2月はほとんどこの本に吸い尽くされた 村上春樹のとんでもなく長い小説ということで、手に取ることを躊躇していた本書。 アメリカにいたときに一緒に2週間もロードトリップをした友人が、旅行期間 …

初恋(光文社古典新訳文庫)-トゥルゲーネフ-idobon.com

初恋:日常にキュンキュンさが足りていない人におすすめ

「初恋」はその名の通り、16歳の少年が初めての恋を知る話です。素直で純粋な青年の心の中をのぞいているようでキュンキュンさせてくれます。 ストーリーは主人公のヴラディミールが初恋の思い出を回想するところ …